バックナンバー

表紙で見る

家づくりの先輩

vol.70 子どもの成長と安心に配慮した住まいです。 設計・施工/株式会社アーキコーポレーション

2013年11月更新

子どもの成長と安心を配慮した住まいです。

イメージ画像▲造作の壁面収納棚で小物もスッキリと片付きます

スッキリとした直線デザインが美しい外観のI様邸。やわらかなツートンの色遣いが印象的です。「子どもが大きくなり、それまで住んでいた賃貸マンションでは手狭になってきたため、もっとのびのびと遊べる自由な環境で育てたいと、持ち家を考えました」とI様。「土地を探してくれた不動産業者からアーキコーポレーションさんを紹介されました。実は他社のモデルハウスやオープンハウスなども参考に見学に行きましたが、いま一つピンとこない。アーキさんは菊地社長が真摯に向き合ってくださり、家族のことやデザイン、色遣い、間取りなどいろいろ相談させていただき、信頼できると感じました。担当の山口さんも本当に一生懸命で、安心してお任せできました」とも。

住みやすい、自分流の家づくりができました。

イメージ画像▲キッチンにいても家族の気配を感じられる吹き抜け

I様邸は、動線が行き止まらない、回遊型のプラン。リビングからダイニング、キッチン、お風呂、ホール と、つながりのある間取りで暮らしやすく快適な住まいです。「階段の南側にあたる壁をスリットにしたり、2階から採光を取り入れる工夫が凝らしてあります。家のどこにいても家族の気配が感じられます」とI様。

吹き抜けになっているダイニングとキッチンの、上部に設けた窓は近隣からの視界は遮りつつも、明るい光が差し込みます。「息子が高いところに登りたがるので、登らせても良いところと、低く抑えるところのメリハリをつけました。使い勝手はもちろんのこと、壁を高くしたりと、安全面も考えました。カラフルな色遣いのキッズスペースは、息子のお気に入りの場所です」。

デザインも間取りも大満足です。

イメージ画像▲スキップフロアの和室。腰かけるのにちょうど良い高さ

「賃貸に住んでいた時は、部屋が狭く、片付かない家でした。今は収納が豊富でとても便利。洗濯物を干せるスペースもたくさんあり、快適です。ベランダにお布団を干せるのもうれしいですね」と奥様。「私も主人も家のデザインはもちろん、白い玄関ドアが気に入っています。息子の通う園は、とても良い協力体制ができていて、お母様方が送迎してくださることも多いのですが、みなさん雰囲気が良いとほめてくださるんですよ」と笑います。

I様は「良い関係が築けたおかげで、家づくりそのものを楽しめました。希望を取り入れるか否かを検討し、納得した上で進めれば、家族みんなが住みやすい満足のいく住まいができると思います」と話してくださいました。