バックナンバー

表紙で見る

家づくりの先輩

vol.69 気持ちよく暮らせる自然素材 おだやかな時を刻む家 設計・施工/晃和住宅株式会社

2013年10月更新

暖かで住み心地の良い家

イメージ画像▲ 造作ならではの統一感で、ナチュラルな空間

以前、別の土地に住んでいた際に家を建てることを検討し始めたというM様。大手住宅メーカーのモデルハウスをはじめ、インターネットや住宅雑誌、折り込みチラシなど様々な媒体から情報を収集したそう。「子どもの進学時期に合わせ、家を考えていました。建てる場所も道内を広く検討し、モデルハウスなども数多く見学に行きました」とM様。

住宅展示場を何度も巡っては、イメージが違ったり、予算面で見合わなかったりで、すっかり疲れていたというM様。そんな中、希望したのは寒くない家。「晃和住宅さんの家を見て、外断熱というものの存在を知りました。家の性能を示す指標の1つ、C値とQ値のことを知り、断熱性能に優れた住み心地の良い家を建てたいと思いました」と話します。

ゆったりした時間の流れるやさしい空間

イメージ画像▲ 癒しの空間にふさわしい素材をセレクト

M様邸は、明るい光と風が通る吹き抜けのある開放的な空間の住まい。やさしい日差しが壁にやわらかく反射し、天気や時間によって様々な表情を見せてくれます。

「無垢材のフローリングや木の質感にしっとりなじむ漆喰の壁などの素材感が心地良いですね」と話す通り、自然が創りだす意匠を生かしたナチュラル感が魅力です。

さらに、スムーズに家事ができる広めのキッチンスペース、楽しげな声が響く吹き抜け、アーチ型のニッチなどが、暮らしを素敵に彩ります。化粧梁や造作家具なども木質感のある内観にマッチし、空間のアクセントになっています。間仕切りの少ないオープンな空間は、落ち着きあるカフェのような温かな雰囲気で、家で過ごす時間が多くなりそう。

豊富な収納スペースがうれしい

イメージ画像▲ トイレの小さな造作棚は奥様が以前使っていた和裁の一枚板を再利用

使いやすいアイデアがいっぱいのM様邸。「クッキングヒーター横の壁にニッチを作ってもらったことで、調味料がきれいに納まります。また家事動線を考慮した回遊できる間取りが使いやすいですね」と奥様。「小物を飾れるニッチ棚や、階段下のスペースを利用した収納スペースは晃和住宅さんからの提案です。家の雰囲気と一体になっていて気持ち良いですね」とM様。

「家づくりは選択の連続です。特に注文住宅はいろいろと決めることが多い。道を選ぶ醍醐味と責任が伴いますので、自分のやりたいことを明確にしておくことが大切です。ブレない思いを持つことで、希望の家を実現できる工務店さんと出会えるのだと思います」と話してくださいました。