バックナンバー

表紙で見る

家づくりの先輩

vol.67 家事動線の良い住まい 設計・施工/株式会社橋本建設

2013年9月更新

地元工務店ならではの安心感

イメージ画像▲ 明るく開放的なM様邸

「それまで住んでいた家が築30年を超え、床がきしんだり、寒かったり、いろいろと不便に感じることがでてきたため、建て替えることにしました」とM様。住宅雑誌を購入し、展示場を見学したりと、自分たちなりにいろいろ調べてみたものの、どこで建てるのが良いのかよくわからなかったといいます。そんな時、よく通る道にあった橋本建設のことが気になっていたそうで、「地元の工務店ならこの地域のことも熟知しているだろうし、何かあった場合の駆けつけも速いのではないかと思いました。橋本建設の会長さんも何度も足を運んでくださって説明してくださいました。また地元の会社で建てることによって、少しでも地元経済の活性化に寄与できればと思ったことも大きかったです」と話します。

スムーズな動線が魅力

イメージ画像▲ 玄関床下の保存庫

暖かな家に住みたいと思っていたというM様ご夫妻。「我が家は外断熱の住まい。真夏の暑い時期に入居したのですが、高い気密性と断熱性のおかげでとても快適に過ごすことができました」とM様。「効率を考えた家事がしやすい動線を提案していただきました。玄関を入ってリビング、キッチン、洗面所へは回遊したつくりになっています。急にお客様が見えた時でも、見せたくない荷物などをササッと移動することができて便利です」と奥様。さらに収納スペースの多さも気に入っているそうで、「以前の家での思い出の品やこれまでの家族の歴史もありますので、たくさんのモノがあるのですが、豊富な収納スペースのおかげでスッキリと片付きます」と話します。

要望を取り入れたプランに大満足

イメージ画像▲ 室内を明るく照らす大窓

「家づくりを進める上で良かったのは、安心してお任せできたことです。担当してくれた植田さんからは、的確なアドバイスをいただけ、とても心強かったです。フットワークが軽く、質問にも丁寧に答えていただけました」。M様邸のリビング階段は、真正面と左ベランダから光が差し込む形になっており、明るく開放的。「橋本建設さんからのアドバイスで2方向から光が入る形にしました。仕様を自分達の好みに決めることができたり、細かいところの融通が利くのは工務店ならではだと思います。同じ予算でも、大手のハウスメーカーだと、こうはいかなかったと思います」とM様。自分たちの思いを伝えることで住み心地の良い、希望通りの家ができたようです。