バックナンバー

表紙で見る

家づくりの先輩

vol.64 バリアフリーの、人に優しい住まい 設計・施工/株式会社ホームビルド

2013年8月更新

心おちつく安らぎ空間

イメージ画像▲ LDKのドアはすべて引き戸。床レールが無く掃除がしやすいのも特長。

フラットで直線的なフォルム、白一色の外壁でスッキリとした箱型で温かみあるI様邸。一部をダークなさし色にしたことでさりげないアクセントになっています。
室内は、白を基調にした壁に、ダークブラウンの建具が調和した、優しく落ち着きのある空間です。

「結婚し、子どもが出来たことで本格的に家のことを考えました。とある住宅相談窓口に行き、様々な住宅会社を検討しました。そんな中、営業の方と馬が合ったと言いますか、何でも気軽に相談しやすい雰囲気だったことが決め手で、ホームビルドさんにお願いすることにしました」とI様。 以前住んでいた賃貸物件は湿気が多く、子どもにとって良くないのではないかという不安があったというI様ご夫妻。「健康的に過ごせ、家族の雰囲気の感じられる家を希望しました」と話します。

こだわりのLDK

イメージ画像▲ 2階の家事スペース。使いやすい昇降式の洗濯物干しを備えています。

「キッチンからリビング、ダイニング、和室まで見渡せる間取りにしたいと思っていました」と話す奥様。家事をしていても子どもの様子がわかる安心できる空間にしたかったとも。また、リビング階段や豊富な収納スペースもお気に入りだといいます。「とにかく営業の方が気さくで話しやすく、また様々な提案をしてくださいました。特に安全面や収納のことでは、主婦目線というか、自分たちではイメージのつかない部分も具体的にアドバイスしてくださって、安心してお任せできました」。

2階の家事スペースには、手洗いシンクのほか、アイロンがけや洗濯物を畳むのに便利な作業台、昇降式の洗濯物干しが備えてあります。「専用スペースなので、急な来客があっても慌てることがないのでうれしいですね」と話します。

みんなに優しいバリアフリー

イメージ画像▲ 車イスでも十分な幅を確保したトイレ。

「私の父が車イスの生活なので、我が家に遊びに来てくれる時もなるべくストレスの無いよう、バリアフリーの家にしました。トイレも含め、ドアはすべてスライド式です」と奥様。I様邸は、無理なく開閉できる引き戸、有効幅を確保した出入り口、段差の解消など細やかな配慮をしたバリアフリー対応の住まいです。

「7月に入居したばかりなのですが、しっかりとした断熱と窓配置のおかげか、外からの暑さをしっかりと防いでくれ、風通しが良く、室内は湿気も無く、涼しく快適です。この分だと、冬はしっかり寒さを遮断してくれそう」。

「初志貫徹というか、自分たちの想いを曲げず作り上げた家は快適です。ホームビルドさんには、様々な提案をしていただけ感謝しています。じっくり話し合うことで、より良いアイデアが生まれることもあるので、これからお家を建てられる方は、担当さんとたくさんのお話をすると良いと思いますよ」と笑顔で話してくださいました。