バックナンバー

表紙で見る

家づくりの先輩

vol.29 地元での施工が多いってことは、信頼されていることの証明ですよね。
(滝川市N様邸) 設計・施工/笹木産業株式会社

2011年10月更新

じっくり検証して出した結論が「ここしかない!」でした。

イメージ画像

家を建てようと決めた数年前に一度、笹木産業さんの見学会に足を運んだのですが、当時は予算的に折り合わず、その後、大手から地元の工務店までたくさんのモデルハウスを見て歩きました。

それでほぼ他社に決めかけたんですけど、どうにも踏ん切りがつかない。つくりが金額に見合わないような気がしてならなくて。そんな時に笹木産業さんの見学会のチラシを見かけ、最後にもう一度と見に行って驚きました。他社とつくりが全然違うんです!例えば建具ひとつとっても質感がよく、高級感がある。これは他も散々見たからわかること。以前見た時より確実に進化しているし、同じ予算なら絶対にこっちの方がいいと思いました。

地元での施工が多いのも決め手になりましたね。評判が悪かったら誰も建てませんから、信頼されている証しですよね。あと、ひと目で笹木産業の家とわかるものが少ないのも気に入りました。要するに、いろんなタイプがあるんですよ。これは希望をよく聞いて、そのご家族に合った家を建ててくれているということ。

ここなら満足のいく家を建てられるかも知れない…。
そんな期待を胸に、「笹木産業しかない!」と確信を得て決めました。

他にはない我が家ならではの設計に満足しています。

イメージ画像▲キッチンとカウンター

「設計について私が希望したのは、生活スタイルに合わせた、ダイニングのないリビングです。私も妻も同居している母も勤務時間が不規則な仕事なので、キッチンの横に付けたカウンターでササッと好きな時に食事ができるようにしたんです。

あと和室も付けませんでした。将来欲しくなったら、それはその時に付ければいいかな、と。

それと私も妻も長身なので、キッチンや洗面台、電話台を一般的なサイズより高くしています。他にはない、我が家ならではの家になったと、とても満足しています。」とご主人様。

夢だったアールの玄関を実現!

イメージ画像▲趣味の部屋

「私が最もこだわったのは玄関です。コーナーをアールにして、シュークローゼットとコートハンガーをつけました。上がり口もアールのカーブに合わせてL字型にし、角の部分に柱を建てて、手前をお客様用、奥を私たち用として分けてみました。手前は普段は使わないので靴が散らからず、ドアを開けた時にスッキリして見えるんですよ。

外壁は周囲の他の家とかぶらないようモダンな黒系のカラーですが、室内は白がベースのナチュラルな雰囲気。これはあえて反対のイメージで遊びを持たせました。

リビングに階段を付けるのも、その下のデッドスペースにテレビを置くのも事前に決めていたこと。また収納を多く設置し、極力家具を置かないようにしているので、坪数以上に空間をゆったり使えているような感じがしています。」と奥様。

“標準”の幅が広く楽しく家づくりができました。

イメージ画像▲ディズニーの壁紙

建築中のことを振り返ってみると、こちらの要望、というか無理をたくさん聞いてもらった気がします(笑)私たち夫婦が希望したことより、「こっちの方がいいよ」という提案もたくさんもらいました。

今もはっきり覚えているのは、建築中に大工さんが、キッチンの背面やカウンター下に棚を付けてはどうかと提案してくれたこと。その通り付けてもらったのだけれど、これが今、随分役に立っているんです。本当に付けてよかった。やっぱり経験豊かなプロの方がおっしゃることは違いますね。

あと、同じような金額の他社と比べて、お得と感じることがたくさんありました。例えば、壁紙。これはさすがに別料金だよね、と思う絵柄が標準仕様だったり、嬉しいサプライズが多々ありました。ひと目惚れしたディズニーのお姫様シリーズは、今お腹の中にいる女の子の為の部屋に採用。将来、好みと違うって、怒られたらどうしましょう(笑)

キッチンや建具も“標準”の幅が広く、好きなものを自由に選べたのは嬉しかったですね。
あれもこれもオプションで別料金、となると窮屈ですよね。おかげで楽しく家づくりができました。