バックナンバー

表紙で見る

家づくりの先輩

vol.22 明るくて光が降り注いでいるような家づくり。(札幌市K様邸) 設計・施工/橋本建設

2011年7月更新

橋本建設の坪単価は、我が家にとって大きな魅力でした

イメージ画像▲外観

奥様のお母様が住んでいた築40年のご実家を、K様ご家族と一緒に住む2世帯住宅に建て替えたのが今回の家づくり。前の家が非常に寒い家だったので、今回は、明るくて温かい家をというのが一番の希望でした。
もともとは、ご実家の近くに手ごろな家をと探していたK様。家探しが思うように進まなかったことから、2世帯住宅への建て替えを思い立ち、急遽ハウスメーカー選びをすることに。橋本建設を含め、3社から話を聞き、見積もりと設計プランを検討したところ、「一番話を聞いてくれて、間取りについても、一番希望にかなったプランニングを提案した」のが橋本建設でした。

「やっぱりコストを抑えたかった」というK様。「他のハウスメーカーに比べて安い坪単価で、予算内で収まるも手ごろな価格も大きな魅力だったので、橋本建設での家づくりを決めました。」

信頼関係があったから、
家づくりを楽しむことができました

イメージ画像▲キッチンとリビングには、部屋をすっきりみせるアイデア収納

「家づくりを進める上で一番良かったのは、見積もりから設計、施工まで、どんな細かいところでも、我慢しないで、遠慮せず、なんでも言えたとこと」なのだとか。「すべてのプロセスを、社長さんが自らやってくれたので、一貫して話ができたし、こちらの要望をよく聞いて、随所で的確にアドバイスしてくれたおかげで、楽しみながら家が作れたかな、という感じがしています」と話す奥様。

実は工事の最中に、キッチンの窓の大きさがどうしても気に入らず、一度つけた窓を外して、サイズを広げてつけ直したことも。そんなエピソードも、お互いの信頼関係の強さがあったからなのです。

家じゅうどこを歩いても温かく、
どの部屋に行っても光が降り注ぐ家

イメージ画像▲階段の上の腰壁にはめこまれた大きなガラスで、光が降り注ぐ階段に

こうして完成したK様の家は、当初の希望通り、大きな窓がたくさんある、明るいお住まい。

窓をトリプル窓にしたことと、外断熱と内断熱あわせて200ミリの断熱材が入っているため、真冬でも、まったく寒さを感じなかったのだとか。

耐震、断熱などの基準もクリアした「長期優良住宅」の認定も受けて、国からの補助もおりました。これは、しっかりとした建物である証しでもあります。

収納の工夫で、家事がしやすく、
いつもすっきりと生活できる快適空間

イメージ画像▲家事を楽にしてくれる広いユーティリティ

家事のしやすい動線にこだわった間取りの中でも、特に奥様が気に入っているのが、4畳ほどあるユーティリティ。広さがあるので動きやすく、洗濯機と、電動物干し機に加えアイロンがけまで、洗濯にまつわるすべてがここでできるようになっているため、家事効率を高めてくれます。
ユーティリティと廊下を隔ててすぐにあるキッチンの収納もお気に入り。扉に隠された作りつけの戸棚の中には、トースターや炊飯ジャー、電子レンジといった電化製品のほか、食器類、ゴミ箱など、隠しておきたい全てのものがすっきり収納できます。
キッチンに対面するリビングの収納にもひと工夫。カウンターの下の扉の中に、針箱、薬箱、インターネットの配線なども入れて、必要な時にすぐに取り出しやすく、でも、普段は見えないように、上手に隠しました。
白を基調にしたリビングとキッチンが、すっきりと見えるのは、こういった収納の工夫のたまもの。リビングの壁面や廊下や階段にも作られたニッチに飾られた室内グリーンや趣味の小物が映えるのは、余分なものが見えないためなのかもしれません。

ご入居してから10か月あまり。新居の住み心地にもすっかり満足しているご様子のK様ご一家。小学4年生のお嬢さんも、自分で選んだかわいらしい壁紙の子ども部屋が、大のお気に入りなのだとか。
「完成後も、ちょっとしたメンテナンスが気軽に頼めるので、とても安心です。」とK様。「長く住む家だから、完成後のアフターフォローの良さで、改めていい家づくりができたなと実感しています。」と話してくださいました。