バックナンバー

表紙で見る

家づくりの先輩

vol.17 通勤途中に見ていた「かっこいい家」、<br />
それが笹木産業さんのモデルハウスでした。(滝川市O様邸) 設計・施工/笹木産業株式会社

2011年5月更新

諦めなくてよかった。憧れの家に住めて嬉しいです。

イメージ画像▲外観

通勤途中に毎日見ていた、かっこいい家がありました。最近の家はスゴイな、どんな人が住んでるんだろうって、ずっと気になっていたんです。一方、家探しは、他のハウスメーカーさんで話を進めていました。でも、その家のことが忘れられず、調べてみたんですよ。そうしたらそれが、笹木産業さんのモデルハウスだったんです。見せてもらってすぐに購入を決めました。

この家の間取りは、そのモデルハウスをベースにしてあります。大きな違いは、玄関付近にあった階段をリビングに持ってきたこと、玄関フードを外に出したことくらいでしょうか。あと動線を考えて、リビング、キッチン、ユーティリティ、廊下をぐるりと回れるようにもしました。これが便利なんですよ。子どもが服を汚して帰ってきても、玄関からお風呂に直行できます(笑)

営業さんや大工さんからのアドバイスが秀逸でした。

イメージ画像▲和室の吊り戸棚

営業さんや大工さんからのアドバイスもよかったですね。キッチンの色を迷っていた時に、「西向きだから、風水的に黄色かオレンジがいいんだよ」とかね(笑)そらならと即決しましたよ、オレンジに。決め手に欠けている時には、こういうアドバイスが効くものです。

また、リビング隣の和室に収納を付けたいと言った時に、吊り戸棚を推奨してくれたんです。それって何!?って感じだったんですけど、収納で床から天井まで使うとスペースが狭く感じるので、下部に空間ができたのはよかった。思いつきもしなかったアイデアなので嬉しかったですね。中に仕切りもたくさん付けてもらいました。

コンセントの位置から動線まで、主婦目線で細かい希望を出しました。

イメージ画像▲2Fのフリースペース 

生活をしやすいように、結構、細かい注文を出しました。例えばコンセントの位置。掃除機をかけることを想定して希望を出したので、1階と2階合わせて3回コードを差し替えるだけで、全室の掃除ができるんです。これは楽!ですよ。

あと2階の階段を上ってすぐの部屋を、間仕切りを取ってフリースペースにしました。今はテレビゲームのスペースにしてますが、洗濯物を干す場所としても使えます。将来、部屋に戻すこともできるというので、余裕のない間取りよりは安心です。

部屋の雰囲気を決める壁紙に遊びを持たせて雰囲気アップ。

イメージ画像▲子ども部屋の天井を青空に!

お部屋の印象を決めてしまう壁のクロスには、こだわりました。リビングは塗りっぽい、はけの跡のような凹凸のあるホワイトベース。テレビのある一面だけ濃いめのブラウンにしたことで、部屋全体がギュッと引き締まりました。 寝室は3面、色を変えました。分厚い見本から選ぶのは大変でしたし(笑)、飽きるかと心配もしましたが、やってよかった。モダンで素敵な雰囲気になりましたよ。

ちなみに子ども部屋は、子どもの希望で天井が青空と雲の柄です。夜になると星が瞬くんです。こういう遊び心のあるものもいいですね。