バックナンバー

表紙で見る

家づくりの先輩

vol.15 実は小さな会社で心配だったのですが、今は頼んでよかったという気持ちでいっぱいです。(札幌市 E様邸) 設計・施工/サンケイ建匠株式会社

2011年3月更新

社長の誠実な人柄がよく、頼むことに決めました

イメージ画像▲外観

それまで住んでいた家が築30年を超え、生活に不便を覚え、建て替えを決意しました。厳寒期は水を抜いても水道管が凍結してしまうこともしばしば。気密性のいい暖かい家に住みたいと思い、北方型住宅のホームページを見て説明会に参加。地元にサンケイ建匠さんがあることを知り、自分たちで書いた間取り図を持って見積もりを出してもらいに行きました。

実は他の大手メーカーさんでも同じことをしていたのですが、金額的に折り合わず。でも、サンケイさんは"この予算で充分できますよ"と言ってくれ、"気密性と断熱性には自信あります"とも。実は小さな会社なので心配だな、という気持ちがあったのですが(笑)、担当してくれた社長がホームページの挨拶文そのままの誠実な方で、いい人間関係が築けそうだと思い頼むことにしました。

提案の数々に、どっちもいいけど選ばなくちゃ
という贅沢な体験をしました

イメージ画像▲木がふんだんに使われたホール

設計に関しては、本当にたくさんの提案をしてもらえました。私たちが最初に書いた間取り図のまま残っているのは、車庫とリビングの位置くらい(笑)提案をもらう度にどんどん良くなり、最後は“どっちもいいけど選ばなくちゃ"という贅沢な状態でした。私たち夫婦は物事を決める時は慎重に、熟考するタイプですが、"焦って決めなくていいよ"と私たちのペースに合わせてもらえて、それもとてもよかったです。

また、壁は基本クロス仕立てですが、木がいっぱいの家にしたいと私が最後まで言っていたため、備え付けの棚や建具をほとんど木にしてくれました。無垢材に近いものをチョイスしてくれて、とても気に入っています。特に扉は、高さが床から天井まであり幅も広いビッグサイズですので、その分木の面積が多く目に入るたびに心が和みます。

床やクロス、カーテンなどは、
ティーサイズさんのプロデュースです

イメージ画像▲使いやすさを考慮したキッチン

間取りは2階が生活空間です。リビングの他に書斎、クローゼット、インナーテラス、キッチン、ユーティリティ、風呂があります。

クローゼットは6帖取り、ウォークインにしてひとつの部屋のように広く使っています。インナーテラスは洗濯物を干す場所で、あるととても便利です。キッチンは本当は妻が長いシンクを希望していたのですが、面積の都合で断念。その代わり奥行きを持たせ、壁とシンクの間に収納付きの台を置いてくれました。

リビングのテレビの背面に付けたタイルは、大きさや配色をティーサイズさんがプロデュースしてくれました。床やクロスやカーテンも、そう。おかげでよりおしゃれな仕上がりになりましたね。

羽目板式の部屋の入口と明かり取りの窓が、
私たち夫婦のお気に入りです

イメージ画像▲奥様お気に入りのリビングの窓

振り返って思うのは、本当に細かい部分まで要望を聞いてもらえたな、ということです。随時相談の場を設けてくれたし、素晴らしい提案の数々には驚くばかりでした。

私が一番気に入っているのは、1階の玄関横に作ったクライミングの道具を収納する小部屋の入口です。頼んで、羽目板式にしてもらいました。この部屋のおかげで、散らかりがちなクライミングの道具がきれいに片付けられ、しかも見た目も素敵で満足しています。

また妻は、リビングの明かり取りの窓が気に入っているよう。家の場所が坂の上でしかも2階なので空しか見えないんですが、それがいいのだそうです。