バックナンバー

表紙で見る

家づくりの先輩

vol.2 心地よく落ち着ける空気が常にある家(斎藤 武夫 社長) 設計・施工/よねざわ工業

2009年12月更新

札幌市の会社、有限会社グッドマン 斎藤武夫社長に、
ダンロックホームの住宅についてインタービューしました。

よねざわ工業に出会ったきっかけは?

私が自分の会社で作った換気口をボストンバッグに入れて、よねざわ工業さんに営業にいったことが初めての出会いでした。

数ある住宅ビルダーの中から、
どうしてよねざわ工業を選んだのでしょうか?

私の知人である岩手県立大学教授の佐々木先生にブロック住宅の性能を聞いていたことと、たまたま私が営業に行っていたよねざわ工業さんがブロック住宅を扱っていて、そこでお会いした岩舘さんのお人柄がとても良かったことですね。関係者様とのご縁を感じられずにはいられませんでした。

家作りでこだわった点はどういったものでしょうか?

イメージ画像 ▲窓枠

本来、真四角の家が強度は高く、ブロックの形に沿ったものになるということは知っていたのですが、それだけでは単純で飽きてしまうので、屋根は三角にし、湾曲した壁を使うことで、シンプルの中にもポイントを利かせたデザインにすることが出来ました。

出来上がった家のどこに一番満足していますか?

空気に大満足しています。抗酸化溶液を壁ブロック材やコンクリートの製造過程で使用していて、心地よく、落ち着ける空気が常にあることですね。断熱性や気密性、換気性能が高いことで、冷暖房を効率よく使うことが出来、空気が汚れたり劣化しないのです。

斎藤社長が、実際に住んでみた感想は?

イメージ画像 ▲事務所

■季節ごとの感想

気密性の高さから、夏は外気温の影響が少ないため、室内が上がりにくく、冬でも、45℃のお湯が通ったパイプ管暖房を各階床に一周させてあるだけで朝と夜に2〜4時間つけるだけで充分暖かくなります。年間で平均気温が変わりにくいので、住む人にもとても優しいと感じました。

■以前の住まいとの違い

省エネルギー住宅となったことで、光熱費が大きく削減されました。
換気性能がとても高いので、結露はおきず、押入れの中も湿気がこもったりしなくなりました。

ご家族の感想があれば、お聞かせください。

以前の住まいとは違い、熟睡することができ、身体が楽と感じられるくらいに、住み心地がいいと話していました。

周囲の人達の評判はいかがですか?

イメージ画像 ▲階段

■居心地

入った瞬間の空気が違うと大抵の方が話していってくれます。お客様が来た際は、そのくつろげる空間に、長時間滞在してしまうことなんていうこともあります。

■内装の雰囲気の感想

ブロックやコンクリートの素材の質感をそのまま内装のデザインに活かし、床材も白木のように自然な風合いの素材にしましたので、建築家の方をお招きした際、驚かれていました。

■外装の雰囲気の感想

外壁材にトタンを使用した住宅が近隣に見られないので、よく目立つね。という感想をよく寄せられます。外装メンテナンスの手間がほとんどかからず、 耐久性に優れていて、とても安心できます。トタンには倉庫のようなイメージがありますが、とてもそのようには見えない!なんてお声もあったりしますね。

施工中の現場の様子は、どのような雰囲気でしたか?

我が家では、鉄筋の使用量が通常の3倍近く使用されていることや、密度の高い重量ブロックを使うので、通常の住宅とは違う高い職人技術が必要となるということでしたが、現場の様子を見に行った際に、職人の方たちからプロ意識を垣間見ることができ、安心してお任せできました。

よねざわ工業のどのような点が良かったですか?

職人の技術・緻密な計算・質の高い素材と建てる以前でのレベルがとても高いことです。これらが三位一体となり、よねざわ工業さんと私の家作りが形になってできたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。