住宅会社/北海道の住宅ビルダー ままハウス出展企業のご紹介

高清水建設 株式会社

お電話でのお問い合わせ

0142-76-2331

高清水建設 株式会社

高清水建設 株式会社のバーチャル展示場を見る

コンセプト

どこよりも癒される場所であること

「HOME=ホーム」という言葉があります。
「わが家」「故郷」という意味がありますが、どちらにも共通していること。
それは居るだけで気持ちがほっとする場所であること。
私たちが常にめざしているのは、そんな「どこよりも癒される家づくり」です。

お客様の「したい暮らし」をカタチに。

そのためには、末永く快適に安心して住み続けることのできる基本性能やアフターサービスはもちろん、お客様の「したい暮らし」をじっくりと伺い、それをカタチにする提案力が不可欠だと考えています。帰るたびに癒され、暮らすほどに愛着の深まるホームを建てたい。これまでもこれからも、私たちの変わらぬ想いです

100人のお客様には100の夢があり、100通りの答えがある。

住まいづくりに正解はありません。
100人のお客様がいれば、100の夢があり、100通りの答えがあるはずです。
ぜひ私たちにご家族の夢をお聞かせください。
そのひとつひとつを堅実に誠実にカタチにしていきます。

お客様の声

洞爺湖町 T様

親世帯と子世帯のコミュニケーションと独立性を両立した、垣根のない2世帯住宅。
家族が増えて新築を決めたT様は2世帯の8人家族。
プランの最大のポイントは両世帯のほどよい距離感でした。そこで玄関を分離しながらもダイニング・キッチンを融合させたプランに。

家族の接点が自然に生まれる家。

2階の子世帯スペースへ行くには、必ずダイニング・キッチンを通るように設計され、家族の接点が自然に生まれるように工夫されています。
また収納スペースの確保も大きなテーマでした。
大容量のウォークインクローゼット、天井裏や床下を利用した収納などモノを出さないすっきりとした空間を実現しています。

本格的な和室を彩る格天井。

共用の和室天井は部材を井桁に組んだ格天井(ごうてんじょう)。

手彫りの欄間も設け、おもてなしの気持ちが伝わる本格的な和室に仕上がりました。

最新イベント情報

社長挨拶

地元に根ざしたゼネラルコントラクタ

三好 健一

代表取締役

三好 健一

当社は1929年(昭和4年)の創業以来、公共施設をはじめホテルや店舗、一般住宅など、建築業を中心に社会や暮らしのニーズに応えてきました。過去数度に及ぶ有珠山噴火においてはその復旧活動に務め、2008年(平成20年)の北海道洞爺湖サミットではセキュリティチェックポイントの設置工事などで開催を支援。地元に根ざしたゼネラルコントラクタとして地域発展の一翼を担ってきました。

 その永い社歴の中で培ってきたもの。それは「堅実」と「誠実」です。私たちは今、ゼネラルコントラクタとして育んできた2つの「実り」を、注文住宅建築というフィールドに積極的に生かそうと考えています。堅実とは技術と品質であり、構造とプランが整合した堅牢な住まいづくりです。また誠実とはお客様の視点に立った対応であり、とくに建てた後のメンテナンスは私たちの重要な仕事であると考えています。

企業情報

会社名 高清水建設 株式会社
サイトURL http://takashimizu.jp/
施工エリア 胆振・日高地方を中心に道央・道南方面全域 
工法 スーパーウォール工法
本社所在地 〒049-5615  虻田郡洞爺湖町本町152番地
代表者 代表取締役  三好 健一
社員数 10 名
設立年月日 昭和4年5月
建設業登録番号 北海道知事許可(特-17)胆 第00092号

高清水建設 株式会社への資料請求フォーム

一括請求フォームはこちら

*お名前
*フリガナ  (全角カタカナ)
*郵便番号 〒  -  (半角数字)
*ご住所
*電話番号  (半角数字)
*メールアドレス  (半角)
お問い合わせ等
*は必須項目です