企業紹介

【株式会社 アクト工房】代表取締役社長 白石 典子様―お客様とともに楽しみながら一人ひとりのニーズに合った家づくりを進めていきたいと思っています。<br />

2012年4月更新

【株式会社 アクト工房】代表取締役社長 白石 典子様

ウレタン外断熱「ソトダン21工法」による注文住宅を施工し、300棟以上の実績を持つアクト工房 白石社長にお話を伺いました。

家づくりで心がけていることを教えてください。

イメージ画像

みなさん建てたい家は、お一人おひとり違いますよね。
アクト工房の建てる家は1軒1軒、フルオーダーです。
お客様のご意見やご要望、ご予算などをお聞きして、ニーズに合った形で進められるように心がけています。

当社ではパッケージプランが無いので、それぞれのプランをお作りしています。
ただプランが違っても、予算や耐久性、メンテナンスの容易さなどの兼ね合いで、製品化された同じ外壁の素材を使うこともあるため、同じような雰囲気の家に見えてしまうこともあるかもしれません。
ですが、実際は似たような外観でも、一歩中に入ればそれぞれのお客様にぴったりの空間であり動線であり、デザインや個性あふれる住まいです。

少数精鋭だと伺いましたが。

イメージ画像

スタッフの人数は多くはないですが、そこが強みだとも思っています。社内の風通しが良いので、連絡も密ですし、スムーズな仕事につながっています。さらにお客様とともに行う「楽しみながらの家づくり」は、仕事自体を楽しくしてくれます。

打ち合わせから設計、提案まで幅広く携われることでお客様の想いもダイレクトに伝わりますし、理想の住まいの実現できるのかと。

住む人にとって居心地のよい住まいとは、「性能」「機能」それに「デザイン」を兼ね備えていることだと思います。その家づくりが可能なのは、断熱・気密などがしっかりとした構造体と、提案力、信頼関係があるからこそだと思っています。構造体に関しては専門家として譲れない部分ですね。

こだわりの構造体ですか?

イメージ画像

自由な空間を実現できるのは、当社が推奨する「ソトダン21工法」だからです。
この工法は創業後すぐに取り入れ、すでに20年以上の実績があるのですが、本当にすごく暖かいんですよ。おかげさまでたくさんのお客様から暖かさ、快適さに、ご満足の声をいただいております。

※詳しくは「ソトダン21工法」へ

暖かく快適な住まいなのですね。

イメージ画像

当社の家は、住む前に快適性が確認できる家とも言えます。企画住宅やパッケージプランですとモデルとなるもののみを測定し、その数値を公開していますが、完全オリジナル住宅の当社では、気密測定を1棟ずつ全棟実施しています。

いい住まいというのは、性能とデザインとのバランスが大切です。気密性・断熱性の高い住まいはもちろんですが、そこにお客様の要望や希望があって住み心地の良い家になるのだと思います。

【株式会社 アクト工房】代表取締役社長 白石 典子様 白石  典子
代表取締役社長

アクト工房では、完成見学会、オープンハウス等のイベントを随時開催しています。
最近では遠方から「ホームページを見てオープンハウスを知りました」と来場される方が増えているそうです。「ままハウス」ページをご覧になられたお客様から、ご成約につながったケースもあります。
あなたの理想の住まい、ぜひお気軽に相談してみてはいかがでしょう。