企業紹介

【(株)ウッディ―クラフト】代表取締役社長 加藤 孝則様―経済的にも機能的にも、幸せに暮らせる家をつくっています。

2011年8月更新

【(株)ウッディ―クラフト】 代表取締役社長 加藤 孝則様

木をふんだんに使った、ぬくもり溢れる住まいを提供している「ウッディークラフト」。
「家は家族が幸せになるためのもの」と、資金面を含め全ての局面で笑顔でいられる家づくりが地域の人に支持されています。

どんな家を建てているのですか?

イメージ画像

コンセプトは、「子育て世代でも建てられる、ちょっとこだわった木の家」です。具体的に言うと、お値打ち価格で作る、木をふんだんに使った在来工法の注文住宅、ということです。

家作りで、大切にしていることは何ですか?

イメージ画像

「私の思いを理解してもらえるか」など、お客様は不安を抱えて訪ねてきます。それを解決してあげることが、まずは大切なことだと思っています。親身になって話を聞き、おっしゃっていることを受け入れ、夢を共有する。アットホームな雰囲気でお迎えしたいと心がけています。

あと、家づくりとは、お客様が求める家を作る事だと考えていますが、希望に応えることが逆によくない結果を招く時には、それでよしとはしていません。

例えば、希望を全て満たして予算をオーバーするくらいなら、やめた方がいいですよね。デザインなど見た目の華やかさを求めるがゆえに、価格がどんどん上がってしまうケースがわりとあるのですが、家づくりはそうした憧れを満たすよりも、今住んでいる家で感じていた不便や不足を解決した方が満足度が高いんです。なのでそのご家族にとって、本当に必要なものは何かを一緒に考え、プランを練っていきます。

自社工場で作る家具や建具が評判です。

イメージ画像

ウッディークラフトは元、家具・建具屋ですので、そこはちょっと自信があります(笑)。現在も家具建具職人がいて、ドアなどの建具やイスやテーブルといった家具を作っています。

お客様の描くイメージにあったものができるので、とても喜んでもらえています。あとちょっと話はそれますが、当社はこうして木をたくさん使っているので、植樹もしています。OB様感謝祭の時に、OBのご家族様とみんなで植樹を行い、その後に焼肉を楽しんでいます。

失敗しない家づくりのためのアドバイスをお願いします。

イメージ画像

資金計画をきちんと立てることですね。ローンの支払いは毎月のことなので、つい盛り上がって「あれもこれも付けちゃおう!」なんてことになると、その後が不幸です。

せっかくの新居なのに家具や家電を買えなかったり、オシャレやレジャーをずっと我慢することになったり。なので当社では無理をしない、焦らない家づくりを進めています。予算から建物の他にかかる費用を引いて、残ったお金で建てられる家を建てる。嫌な事は先に終わらせ後は楽しく、という考えです(笑)。

場合によっては、今建てることが正解なのかもう少し待った方がいいのか、ということも検討します。ですから、初来社から3〜6年後に建てたといというお客様も、何割かいらっしゃるんですよ。

無理のない資金計画のもと、晴れ晴れした気持ちで家づくりを進めていきましょう。

加藤 孝則 代表取締役社長\ 加藤 孝則
代表取締役社長

ウッディークラフトでは不定期に、「住宅ローン勉強会」と「資金計画勉強会」を開催しています。家にまつわるお金のハナシを、わかりやすくレクチャーします。住んでから後悔しないために、幸せな暮らしをするための知恵が詰まっていますよ。希望があれば個別で開催することの可能ですので、興味のある方はご連絡ください。
また、月1回ペースで、「完成見学会」「現場見学会」を行っています。前者は完成した家を、後者は基礎を組んだ状態(骨組みの状態)を見ていただくものです。どちらもウッディークラフトの建てる家を知る機会ですので、ぜひご参加ください。