企業紹介

【協同住建】営業部部長 浜谷 修 様―注文住宅なら、おまかせください。お客様のご要望にフレキシブルに対応します。

2010年1月更新

【協同住建】営業部部長 浜谷 修 様

予算、土地、家族構成、生活様式、夢の未来…。
家づくりにはさまざまな条件が絡み合うため、ニーズはお客様の数だけございます。
また最近は、自然派、スタイリッシュ、洋風…と住宅の好みも多様化しております。

それらを「できない」と言ってしまうのは簡単ですが、我々はその条件下において、どれだけお客様の希望を叶えられるか、日々邁進しております。
時間を多く取り、施工集をお見せしながら、何度も入念に打ち合わせをさせていただきます。
土地に合わせて一から図面を引き、微に入り細を穿つがごとく、キッチンのタイル1枚からご要望に適うものを探して参ります。
また当社には自社大工がおりますので、コストが詰められます。低コストも当社のウリのひとつです。

“お客様に幸せを感じていただける家づくり”。
我々はそれを合い言葉に日々、現場に携わっているのです。

着工前に見る全体像。お客様の持つイメージをCGでかたちに。

イメージ画像

当社では、お客様の希望がある程度まとまった時点で、CGを使ってイメージパースを作り、お客様の思い描く住まいを具現化します。

床のタイルや壁のクロスなどは、パーツで見るのと広い面積で見るのとでは雰囲気が違うものです。
また、図にすることで、家具の配置や動線などのイメージが膨らみ、実際の生活を想定できます。 こちらからのご提案も、より理解して頂けます。

着工前に全体像を見て頂くことは、満足度の高い住宅の完成に欠かせないものと考えています。

高気密、高断熱、高耐久性。
協同住建オリジナルの外断熱「HR工法」。

イメージ画像

当社独自の「HR工法」とは、在来工法による外張り断熱工法です。

省エネルギー対策等級の最高等級4級に認定されており、気密性、断熱性、耐久性に優れ、しかも低価格であります。 床下や小屋裏などのスペースが居住空間になるので、ニッチ(壁面のくぼみ)や収納スペースがとりやすいのも特徴です。

ニッチは施工する場所によって空間の広がりを感じさせる効果もあるので、面積のない部屋にもオススメです。

20年のキャリアによる“使い勝手”の提案。

イメージ画像 ▲ニッチを活用した収納の一例。
お子様の絵本やお父さん、お母さんの雑誌、新聞・・・。散ちらかちがちな本・雑誌類はニッチのマガジンラックで“見せる収納”。省スペースにもなり使いやすさも抜群です。

最近、多く見られるのは収納の注文です。

位置から幅や高さまで、わりと細かく指定される方がいらっしゃいます。 当社ではそれらに対し、さらにご提案をさせていただくことがございます。

例えば、玄関や廊下などの飾り棚として使われるニッチ。これをリビングに設け、本の収納スペースにしてはどうか(写真)。
また、和室の床下のスペースを収納にしたりもします。

さらに「寝室8帖」という要望に、「ベッドを置くだけなら6帖にして、浮いた2帖を収納にしてはどうか」と、 限られたスペースの有効活用をご提案し、喜んでいただけたこともありました。

最も、これはほんの一例です。

収納以外にも、当社では既存の仕様や概念にとらわれず、設立20年のキャリアや生活実感に裏付けられたご提案、ご発案をし、住み心地や使い勝手の良さを優先した家づくりを心がけています。