企業紹介

【千田工務店】代表 千田 孝道 様―環境に配慮した生活を目指し、快適な暮らしをローコストでお届けします。

2010年1月更新

【千田工務店】 代表 千田孝道 様

「住宅の基本性能」を核に据えて、家づくり関わる全ての面で無理無駄を省きコストを抑えるという思いをコンセプトに千田工務店を創業。その代表、千田社長に「住まいづくり」についてお話をお伺いしました。

昭和57年から24年、品質と価格のコンビネーションについて試行錯誤を重ね、無駄な経費をそぎ落としたリーズナブルな住宅価格を実現し、さらにオール電化などトップクラスの設備、省エネルギーを追及した環境配慮の高さなど、他社との違いが一目でわかる満足度の高い住まいを提供されています。

住宅会社を創設したきっかけをお聞かせ下さい。

強大な組織と資本で地場工務店を圧倒する大手ハウスメーカー、私も若い頃にそういう会社に勤務していたのですが、それなりの住宅は出来てくるものの、品質と価格のバランスの悪さに常々疑問を感じていました。
何か新しい流れを作らなくては、と事業の構想を少しずつ固めて来ました。

色々な方々と話し合ううちに、お客様の皆様も同じ思いを持っておられると確信し、本当に安心できる住まいづくりを夢見て開業を決意しました。

これから住宅を購入される方へのアドバイス。

イメージ画像 ▲千田工務店住宅

地元ビルダーとして地域密着の工務店を目指すために、「お客様の利益になることを徹底的に考え、進んで行動する」ということです。

売れればよかろうの会社にはしたくないので、お客様の過度な期待感を煽らず、お客様一人ひとりにとって一番良い家を建てるという意気込みで仕事をしています。
社内にもこの考えは浸透し、社員全員がお客様の夢の実現に向けて正直に一歩踏み込んだアドバイスをしています。
営業専門の社員を置いていないのですが、他社様から「おたくは全員営業だね」と言われることも多く、私としては嬉しい限りです。

それから住宅の基本性能は特に大切にしている所です。太陽光発電もその一環で、機器の分だけ最初のコストはかかりますが毎月の光熱費がぐっと下がりますし、今後の環境問題も考え、お勧めしています。

会社のモットーは何ですか?

イメージ画像 ▲千田工務店代表

難しい言葉は必要ありません。
どういう暮らしをされたいのか、「暖かい家を」、「家族の集まり場所をゆたかに」、「静かに趣味を楽しみたい」、そう言った暮らしのイメージを担当者に伝えて話しあってください。
そうすれば住宅会社選びも見掛けの安さに引きずられずに、先の事を、10年後20年後までを一緒に考えられる会社が分かってきます。専門的で分からないこと、たとえばランニングコストとか断熱の厚さなどは、分からないよと質問して納得のいくまで話し合ってください。

それから、長く楽しく住むために無理なローン組まないでください。
若い方で大きな家に住みたがる方もいますが、借り入れ限度ぎりぎりで毎月無理な支払いをするよりも小さな家をお勧めしています。大きな家に住むために毎月家計が苦しくなって、折角のマイホームのが楽しくなくなったら…(苦笑)。

建てた後のフォローはどうなっているのかを聞くのもチェックポイントだと思います。単なるモノ売りではない、建てるプロセス・住むプロセスを共有できる相手を選ぶことが大切ではないでしょうか。当社も、アフターフォローの診断を、
1・2・5・10・15・20年と節目ごとに行っています。

実はこれが結構大変で(笑)、さすがに25年目診断はやめようかと思っていたのですが、つい建てたときの施主様の喜んだ顔が浮かんで…やっぱり行く事にしました(笑)。