住宅会社/北海道の住宅ビルダー ままハウス出展企業のご紹介

晃和住宅 株式会社

お電話でのお問い合わせ

011-766-3373

晃和住宅 株式会社

晃和住宅 株式会社のバーチャル展示場を見る

コンセプト

家造りはヒューマン・コミュニケーションから

家造りは、お客様との「人間関係づくり」でもあります。
私たちは、はじめによりよいコミュニケーションをつくる努力を致します。
信頼関係があってこそ、初めてベストな住まいが出来ると考えるからです。
家造りはヒューマン・コミュニケーションから、晃和住宅はそう考えます。

家造りは、お客様と晃和住宅とのチームプレイ

私達は初めに、たくさんの問いかけをするかもしれません。
それは、お客様の考え方、感性、ご趣味、家族の皆様のこと、ライフスタイルなどを深く理解することで、より満足して戴けるプランをご提示出来ると考えるからです。家造りは、お客様と晃和住宅とのチームプレイです。遠慮なく何でもご相談下さい。

お客様の夢を実現するために。

お客様の住まいのアイディアや「形」は、お客様の「夢」の中にあります。
晃和住宅の仕事は、その「夢」を形にするお手伝いだと考えます。お客様の希望をじっくり聞かせて戴くうちに、私たちのプレゼンテーションも形作られていきます。そして最後に納得して頂けるまで、時間をかけてプランを煮詰めていきます。

お客様の声

四季の移ろいを感じられる縁側のある住まい(小樽市T様)

住宅雑誌で当社を知り、何度もモデルハウスに足を運んでくださったT様。家づくりでこだわったのは、自分たちのイメージに合った空間を作ることで、中でもお気に入りはリビングの南側に続く縁側だそう。リビングの窓を開け放てば、自然とのつながりを感じさせる開放的な場所に。「夏にはここに親子3人並んでスイカを食べたいですね」とT様ご夫妻。

独立開業を機に店舗付住宅を新築 (札幌市H様)

モデルハウスを見て、温もりあるテイストが気に入りました、とH様。ペットサロンの開業を機に、店舗兼住宅を新築されました。ドア1枚で行き来が可能です。お母様の今後を考え、階段やお風呂に手すりを付けるなどバリアフリーを意識しました。2Fホールの家事スペースもモデルハウスで気に入り、そのまま採用しました。

"和の趣き"をテーマに (札幌市H様)

晃和住宅さんに一番要望したことは、構造部分ですね。見えない部分ですから、骨となるところががっちりしていなくては後々大変です。内装では「和」にこだわりました。玄関はタタキに小石を放射状に並べたり、花の形をあしらってモルタルに埋め込み、金ゴテで仕上げました。和室の壁には珪藻土で竹林を描いてみたんですよ!とH様ご夫妻。

最新イベント情報

社長挨拶

建築家と大工の目線の間に

小川 敏夫

代表取締役

小川 敏夫

設計者がお客様とプランを打ち合わせしていると、建築家はお客様の理想を叶えたいと思ったり、デザインに凝りたい気持ちが強いので、窓を大きくしたり、斬新なデザインを提案しがちですが、私たちは、大工側の目線でできるだけ長寿命で頑丈、狂いやクレームが発生しない、しかもデザインがシンプルで断熱性能が高くなりやすいデザインをご提案しています。

例えば、水周りは一カ所に集めたり、外観が凸凹していない方がコストも安くなりますし、健康面からも全室暖房と全室換気、断熱性能が高い家に住んでいただきたいと思っております。

もちろん両方の意見には一理ありますから、お客様ご自身が何を重視するのか、両方のメリット・デメリットをしっかり検討していただける材料を提供しています。

社長のブログ

企業情報

会社名 晃和住宅 株式会社
サイトURL http://www.kowahouse.com/
施工エリア 北海道内(道央、道南・道北の一部)
工法 在来工法・外断熱工法・ツーバイ工法
本社所在地 〒001-0915  札幌市北区新琴似町1021番8
代表者 代表取締役  小川 敏夫
社員数 14 名
設立年月日 昭和58年5月
建設業登録番号 建設業許可番号(般22)石狩 第5402号
宅建業免許番号 北海道知事 石狩(8)第3932号

晃和住宅 株式会社への資料請求フォーム

一括請求フォームはこちら

*お名前
*フリガナ  (全角カタカナ)
*郵便番号 〒  -  (半角数字)
*ご住所
*電話番号  (半角数字)
*メールアドレス  (半角)
お問い合わせ等
*は必須項目です