住宅購入ノウハウ

住宅工法の基礎知識

建物の骨組み(躯体)のことを構造といいます。その構造は、主に躯体部分に使われる材質によって分類されています。また建築法規や公庫融資などでは、構造を木造、準耐火構造、耐火構造に区分しています。

工法は建てる方法のことを指します。大きくは軸組工法と壁式工法に分かれており、それに材質別の構造が加わって細分化されます。たとえば材質が同じ木(質)造であっても、木造軸組工法もあれば、壁式工法のツーバイフォー工法や木質パネル工法もあります。

住宅工法の基礎知識のイメージ図

木造軸組工法

 日本の気候・風土の中から育まれてきた伝統的な工法で、在来工法とも呼ばれている。木材で土台・柱・梁などの軸材を組んで骨組みを構成。設計の自由度が高く、数寄屋造りの純和風はもちろん、和洋折衷や洋風など幅広い様式に適応。同時に和室にマッチする真壁づくりと、洋室向きの大壁づくりとに使い分けられるのも特徴。
 また柱や梁などで支える工法であるため、開口部が大きくとれ、増改築にも対応しやすく、しかもさまざまな立地や敷地条件に対応でき、自由度も高い。
 この工法による建物は、元々、構造体内部を空気が通り抜けることにより、木材を腐らせず、夏涼しく過ごせるように工夫されている。
 一般に風や地震など横方向からかかる力に対しては、筋かいや火打材などの斜材(三角形をつくること)によって、耐えられるように考えられたもの。
 外壁自体の横方向の変形を防ぐためには、筋かいが多く用いられている。このときは端部はできるだけ金物を用い、また柱−土台接合部には、柱の浮き上がりを防ぐため金物を用いる必要がある。
 なお、構造用木材や下地材には竣工後の「そり」「くるい」をなくすという点から必ず乾燥材を使用する必要がある。

木造軸組+パネル工法

 柱や梁などの軸材を組んで骨組みを構成する軸組工法に、耐力壁としてのパネルを組み合わせてつくる建て方。軸材と軸材の間に耐力壁の役割を果たすパネルを張り付けるため、強度は一段と増し、地震や台風などによる外圧 に対して、より頑丈な構造体をつくりあげることができるのが大きな特徴になっている。
軸組工法の良さの一つである高い設計の自由度を生かしながら、パネルによる壁式工法の長所でもある高い気密性の住まいも実現してくれる。この工法に使われるパネルも高性能化・多機能化が進んできており、それが住まい全体の性能アップへとつながっている。

2×4(ツーバイフォー)工法

 北米で発達・普及した工法。断面寸法が2インチ×4インチの基本材で枠組をつくり、それに構造用合板を張ってパネル化。このパネルを耐力壁として用いることから枠組壁工法ともいう。洋風様式に適しており、部屋構成も洋室中心。
 なお断面寸法が2インチ×6インチの枠材を使うツーバイシックス工法もある。また、2×4工法でユニット化し現場で組み立てるプレハブ方式のツーバイフォーユニット工法もある。
 特徴としては製材の種類が少なく、部材の製造に合理的。
 床組を壁より先に施工するため、壁・床など部位内の気密化を図りやすい。
 骨組みが単純なため、合板などの面材を容易に張ることができ、地震や強風に強い構造を作りやすい。

木質パネル工法

 ツーバイフォー工法と同じように耐力壁によって建物を支える工法。ツーバイフォー工法では2×4インチの枠材が耐力壁を構成する基本材になっているが、この工法では複層・強化された木質パネルそのものが耐力壁を構成。木質系プレハブ住宅の他に、一部の輸入住宅に採用されている。

鉄骨軸組+ALCパネル工法

 鉄骨で軸組を構成し、それに軽量気泡コンクリート(ALC)パネルを組み合わせた工法。軽量鉄骨を使うケースが多いが、重量鉄骨も加えて軸組を構成するケースもある。都市型プレハブ住宅に採用されている。

軽量鉄骨+不燃パネル工法

 軽量鉄骨で軸組を構成し、それにセメント板などの不燃パネルを組み合わせた工法。鉄骨系プレハブ住宅の代表的な工法になっている。

軽量鉄骨ユニット工法

 部屋またはスペースの一部をユニット(箱)単位で工場で生産し、これを現場で組み立てる工法。軽量鉄骨と組み合わせるパネルに、不燃パネルを使ったタイプと、ALC系パネルを使ったタイプとがある。

重量鉄骨ラーメン工法

 柱、梁、床スラブおよび耐力壁を一体につくって建物を構成する工法。材と材が交わる部分が剛接合によって固定されているのが特徴。中・高層の建物に多く見られ、住宅ではビル形式の併用住宅ないし集合住宅に採用されている。

コンクリート一体壁式工法

 構造体を構成するところに鉄筋を配し、そのまわりに合板で型枠をつくり、その中にコンクリートを流し込んで一体化する壁式工法。現場でコンクリート打ちをすることからコンクリート現場打ち工法ともいわれている。

PCパネル工法

 工場でつくられたコンクリートパネルを現場で接合して構造体をつくる壁式工法。コンクリート系プレハブ住宅に採用されている。
 いわゆるプレハブ工法とは工場で規格生産された床・壁・天井などを現場に搬入して組み立てる工法で、構造材の種類から木質系、鉄骨系、コンクリート系に分けられる。施工精度が高い、工期が短いなどの特長がある。
 そのほかコンクリートブロックやセラミックブロックなどの単体を積み上げて構成する建築物を組積造といい、そのまま積み上げるだけでは地震等に弱いため、鉄筋をブロック内に入れ補強する必要がある。構造面については、鉄筋の量や大きさ、ブロック厚さなど、構造計算を行ったり、指針などを使用して決めていく。総じて、木造住宅に比べ構造強度に優れた工法といえるが、ブロック単体を現場で積み上げるため、工期が長くコスト的にも若干高くなる。