住宅購入ノウハウ

モデルハウスのチェックポイント

家にいながらでも手に入れることの出来る情報はたくさんあります。HPなどでイメージが固まったら、現物を確認するためにモデルハウスに出かけましょう。家づくりについて自分で調べた情報は、一冊のノート(またはファイル)にまとめ、それをもとにモデルハウスや住宅設備メーカーのショールームヘ。モデルハウスやショールームは最新の情報を展示しているところ。それを実際に、見たり、触れたりできる重要な場です。ただし、最高のグレードのものを用意している場合が多いので、我が家で使いたいモノがあるとは限りませんのでご注意を。デジタルカメラを持っている人は気になる部分を撮影しておくとさらに便利です。キッチンやユーティリティなどの設備で最新のモノを知りたいときは、マンションのモデルルームで取り入れられていることが多いので、参考になりますよ。

モデルハウスで確認しておきたいこと

モデルハウスにはメーカーの営業マンやアドバイザーがいます。その人たちに聞いておきたいのが住宅内部のこと。床、壁、天井の内部構造、断熱方法はどうなっているのかを必ず聞いてみましょう。最近の住宅は、性能的にもかなり良くなっていますし、各社オリジナルの工夫をし、自社なりのセールスポイントを持っているはず、パンフレットをもらうだけでなく、ひととおり説明を受けてみると、その受け答えからその会社も信頼度もチェックできます。もちろん、ゆっくり自分達だけで見たいときには、遠慮なく最初に断ってしまってもOK。

モデルハウスに行ったらこれを見ておこう

ハウスメーカーを選びのためのモデルハウス見学はもちろんですが、実は設備や建材のチェックをするためにもモデルハウスは活用したいもの。このあとの見積もりを依頼するときや設備の仕様を決める際にも役立ちます。

キッチンだったら

全体のイメージをつかみましょう。対面型がいいのか、オープン型がいいのか、はたまたクローズ型がいいのか。また、システムキッチンと床材、タイルや壁パネルなどの壁材、窓などの関係。ダイニングとのつながりもチェックしましょう。

バスルーム

バスルーム全体の広さをチェックしましょう。システムバスの商品自体の詳細情報はカタログやショールームで確認するとして、浴室全体の広さ、システムバスの空間など、モデルハウスの浴室でだいたいの広さの感覚をつかみ、プランおこしの際の参考にしましょう。

子供部屋は収納がポイント

子供の持ち物がだんだん増えることを想定した収納の工夫があればぜひ取り入れたいもの。また、床材については遮音性のあるものが使われているかどうかなど、かわいらしいインテリアに目がいきがちですが、しっかりチェックを!!

現場見学会もお勧め

モデルハウスは最新のものや最高の技術、プランが結集されているもの。我が家にはちょっとムリ。現実味が得にくいという人もいるでしょう。そうであれば我が家を想像しやすい、等身大のプランを見に行きましょう。一番参考になるものが実は施工例。建築中のものや建ち上がったものなど、見せてもらうことで自分の家もイメージしやすくなるはず。具体的に話を進めていなくても、施工例を見せてもらうことで、工法上の特徴、断熱材の施工方法、工事関係者の仕事ぶりを知ることができます。家が建ってからでは見えなくなる部分も工事中なら見ることも可能。ただ注意したいのは、あくまでもそれは他人の家だということ。事前に調べておいたことを再確認するための現地見学ということを忘れないようにしましょう。