住まいの知識ブログ

「ヘンな間取り」


こんにちわ。

北海道の住宅、札幌の家づくりを応援する「ままハウス」です。

 

今日は本屋さんでみつけたおもしろい本をご紹介します。

その名も「ヘンな間取り

41lYF0l4olL._SL500_AA300_.jpg

 

「笑撃間取り 190選」のサブタイトルのごとく、そろいもそろってヘンな間取りが満載です(笑)

どうやっても入れない部屋や数は多いけど使いにくい収納など。

住宅雑誌や不動産屋さんのチラシなどに掲載されていた「おかしな部屋の平面図」をあつめたこの本は、

つっこみのコメントがなんともユニーク。

 

実際の家づくりでこんな平面図では困ってしまいますが、ちょっとしたコーヒーブレイクにでもぜひ。

 

 

 

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

東京R不動産


たまに、こんな本はいかがでしょう?

東京R不動産」は、一般の不動産業者とは全く異なる視点で評価した
物件をウェブ上に掲載しているサイトです。

 サイト上には、改装OKの物件や占有屋上がついている物件、
倉庫のような物件お得なワケあり物件など、
通常であれば敬遠されそうな物件がならんでいます。

 駅からの距離や築年数、南向きなどの当たり前の不動産価値を見る
指標ではなく、独自の視点で不動産(賃貸・売買)を紹介しています。

 東京R不動産では、不動産をライフスタイルで捉えることをすすめています。

日々の中で都市とどの程度の距離感を持つのか、好みのスタイルは何か、
自分が生活の中で大事にしたいものは何か、そのスタンスが
ライフスタイルそのものであり、もっと住む場所を楽しむことを提案しています。

 住宅建築の現場では、気密や断熱、工法など技術的な側面から
語られることの多い「家」ですが、徹底して、住まう人のライフスタイル
こだわったスタンスは、多くの示唆に富んでいます。

 リノベーション、コンバージョンの事例なども写真付きで
掲載されていますので、パラパラと眺めながら、
「ライフスタイル」の意味を考えてみるのも良いかも知れませんよ。



東京R不動産
東京R不動産 著  ISBN 4-7572-1247-X


 あなたのライフスタイルを提案してくれる素敵なビルダーを
 見つけましょう!

   北海道のビルダーなら ⇒ こちら
   岩手県のビルダーなら ⇒ こちら
   秋田県のビルダーなら ⇒ こちら


★このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。
            人気blogランキングです。ありがとうございます。


 ?住宅・バーチャル展示場のままハウスで家探し?

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

 【オススメの本】 人生の教科書「家づくり」 藤原和博


皆さんこんにちは!
お盆真っ最中ですが、家づくりを検討されているか方は、
周りの家族やご親族、友人などにも、プランを熱くお話されていらっしゃることでしょう!

さて、今回は家づくりをじっくりと検討できるこのお盆の時期に読める、お薦めの本を、
ご紹介します。

タイトルは、人生の教科書「家づくり」 藤原和博著

藤原氏は、ご存知な方も多いかと思いますが、2003年に東京都で民間人初の
公立中学校長になり注目を集めた方。
この本のほかにも、多数の著作をお出しになられていることでも有名です。


この本は、藤原氏が実際に家づくりをした模様がこと細かく書かれていて、
とても参考になります。


<筑摩書房 ISBN4-480-42162-9>


簡単に目次をご紹介しましょう。

第一章 あなたの“理想の家”には落とし穴がいっぱい
第二章 みんなが帰りたくなる「我が家」にしたい!
第三章 よい業者の<探し方>&<つきあい方>
第四章 「買う」ではなく「建てる」人だけが味わえること
第五章 家づくりは「生きざま」をも問うてくる
第六章 風合いのある家は「仕上げ」にかかっている


各章の細かな内容はご紹介できないのが残念なのですが、
前書きの一部をご紹介します。

「私は自分の家を建てるのに際して、3つのことを実践しました。
一つは、まず、徹底的に本で勉強すること。基本設計を詰める間に
50冊の本を読みあさりました。
二つ目には、基本設計に半年をかけたこと。その間に、家と自分と家族についての
先入観や、はじめに一番いいと思ったアイディアに固執することなく、
何度も問い直すことが出来ました。
近くの家々を生(ライブ)の展示場代わりにして、今日は屋根、明日は玄関、
その次の日は門構えと表札などど、かたっぱしから自転車で見てまわったことも
大事な蓄積です。
三つ目には、建築家と施工会社を、家を建てるという個人的な一大事業の
パートナーとして、ビジネスマンの視点で選び抜いたこと。
一緒に会社を作る心意気で、建築中もパートナーを動機付けながら現場の大工さんとも
交流し、高い意識を維持しつづけてもらいました。

?中略?

私の家づくりを読者の皆さんにシュミレーション(追体験)していただくことで、
これからの自分の人生にとって「家づくり」がいったいどんな意味をもたらすのか、
真剣に考えて頂くキッカケになれば幸いです。」


ここまでお読みいただければ、十分私達にあてはまってくることが分かりますね!

実際に家を建てられた方にお話を聞いても、断片的で、そのときの気持ちや、
考え方によっては、情報が偏ったりしていることもあります。

「じっくり検討したい」「家づくりのポイントは?」などなど、初めての家づくりの方、
ひいてはプロのかたまで幅広く読んでいただけます。

この本では、家づくりの全ての流れを「体感」することができます。

この機会のご一読をおすすめします!


★ままハウスにもノウハウがいっぱい!
 是非覗いてみよう!→ままハウス「住宅購入ノウハウ」


★このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。

            人気blogランキングです。ありがとうございます。

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

普段着の住宅術?中村好文


普段着の住宅術?中村好文

 『生活のすべてが"ひとつ屋根の下"にすっぽりと居心地良く、

  バランス良くおさまっていて、

  そのことがどこにいても気配として感じられる"家"が、

  身の丈に合った普段着の住宅ということになるのでしょうか。

  できれば、そんな住宅を、

  ていねいに作り続けていきたいと思います。』

hon.jpg


 故吉村順三氏の設計事務所に勤務していたこともある建築家 中村好文氏に
よる著作をご紹介します。
 奇抜さや斬新さではなく、その場所に相応しく、家族の居心地のよさも
追求している建築家の姿勢、主張は静かに訴えかけてくるものがあります。

 特定の素材や形態にこだわることなく、その敷地に実際に立ち、周辺の人と
挨拶を交わしたりしながら、白紙の状態からイメージをつくっていくといいます。

 あなたが頼むビルダーの設計担当は、建築に対する明確な主張を持っている方
だといいですよね。
 設計方針や主張に共鳴できたら、家づくりのプロセスも楽しめそうです。

 建築に対する想いを発信している設計者や経営者のブログを覗いてみるのも、
自分にあったビルダーを探すには最適ですよ。

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

建築は詩 ?建築家 吉村順三のことば100?


「建築家として、もっとも、うれしいときは、建築ができ、そこへ人が入って、

そこでいい生活がおこなわれているのを見ることである。」


建築家の吉村順三氏をご存知でしょうか?


故人となってしまいましたが、日本の住宅建築に多大な貢献をし、現在も多くの
建築家に影響を与え続けています。


地域に貢献する、品のある美しい建築を求めつくり続けて20世紀を生きた
建築家・吉村順三氏。この本は、氏のことばを存命中に活字となった新聞、
雑誌、書籍等から選びまとめた、珠玉の語録集です。



建築は詩?建築家 吉村順三のことば100?


生涯にわたって、人々の日々の暮らしの場に温かなまなざしを向け続け、
日本の自然や固有な文化風土に根ざす数多くの秀作を残した吉村順三氏の
ことばには、何かしら感じるものがありますよね。


「日暮れどき、一軒の家の前を通ったとき、家の中に明るい灯がついて、

一家の楽しそうな生活が感ぜられるとしたら、それが建築家にとっては、

もっともうれしいときなのではあるまいか。」


そんな想いで、建ててくれるビルダーに出会いたいですよね。


良い出会いのキッカケは⇒イベント情報へ

★このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。
            人気blogランキングです。ありがとうございます。

 ?住宅展示場のままハウスで安心のビルダー選び?

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

安くて納得のいく家


検討期は、情報の波に流されてください。と言いましたが

情報を集めに、週末はイベント会場に出かけましたか?


情報収集は、ネットは勿論、雑誌や現場見学会や知人など

いろんなところから集めることが出来ますよね。

普段から意識しているといろんな情報が見えてきますよ。

さて、本日はオススメ本の紹介です。


「安くて納得のいく家を建てたい」
 ?アキュラホーム 代表取締役 宮沢 俊哉 著

あなたは「アキュラシステム」を、ご存知ですか?

最近、情報収集を始めた人には「ジャーブネット(JAHBnet)」

という言葉の方が、ピンとくるでしょうか。

 ※アキュラネットは2005年9月にジャーブネットに名称変更。


アキュラシステムとは、?アキュラホーム代表取締役の宮沢俊哉氏により

開発された住宅建築のコストダウンシステムです。

地元ビルダーの中には、

ジャーブネット(アキュラシステム導入企業のネットワーク)に

加盟しているところも多く、各社がノウハウを蓄積しながら

コストダウンを図っています。「ままハウス・ビルダー一覧」


そのアキュラシステム開発者の宮沢氏による著作が

「安くて納得のいく家を建てたい」です。

本の内容はタイトル通り、プランや機能は「納得のいく家」でありながら

無駄を省くことによって、できるだけ「安い」コストで一戸建てを建てたい

というお客様のニーズを満たすためにアキュラホームがどのように

取り組んできたのかということです。

家づくりに悩む方のために、家づくりの考え方から具体的な進め方まで、

わかりやすくまとめられています。

オススメする方
・家づくりの流れを一から知りたい方
・住宅のコストって、何でこんなに違うの?という疑問をお持ちの方
・家づくりに「合理的な安さ」を求める方

まず読んでみて下さい。いろいろな発見ができますよ。


オススメしない方
・家づくりの情報を十分豊富に持っている方
・絶対にハウスメーカーで建てるという方
・お金が有り余っている方


勿論、企業経営者が書く本ですから、会社の宣伝もあり、自社工法の良さを

強調しすぎと言えなくもないですが、それは愛嬌ということで(笑)

「家づくり」をある一面からみた真実を語っているのは確かですから、

これから建てる方は、一読してみることをオススメですよ!

 ↓こちらから、どうぞ。
「安くて納得のいく家を建てたい」

?アキュラホーム 代表取締役 宮沢 俊哉 著


★このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。
            人気blogランキングです。ありがとうございます。


  ?住宅・バーチャル展示場の「ままハウス」で家探し?

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。