住まいの知識ブログ

家がほしいと思い立ったら。(その5)


こんにちわ。

北海道の住宅をご紹介している住宅バーチャル展示場の「ままハウス」です。

 

「今すぐに家がほしい!」と思っても、残念ながら住宅ローンが組めないときもあります。

例えば

・転職をしたばかり

・ほかに車のローンなどがあるとき

・頭金がまったくないとき

・奥様の子育て期間のために一時的に収入が減るとき

・病気をしたとき

 

・もし病気をしてしまったら。

住宅ローンを借りるためには団体信用生命保険に加入しなければいけません。

団体信用保険は、借主が万一死亡した場合には、生命保険金で融資を回収するためのものです。

ですので、健康に不安があって保険に入れない人は金融機関でローンが組めないことがあります。

特に民間の金融機関でローンを組む必要があるのであれば、健康な時期しか住宅購入ができなくなってしまいます。

 

このように5回にわたって「買いどき」について考えてきましたが、ローンが組めないとき(組まないほうがいいとき)もあります。

「家を建てる」ことは人生において一大事業です。

だから「家がほしい」と思ったら、その時にまさに「買い時」です。タイミングを逃してしまわないようにしたいものです。

 

 

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

家がほしいと思い立ったら。(その4)


こんにちわ。

北海道の住宅をご紹介している住宅バーチャル展示場の「ままハウス」です。

 

「今すぐに家がほしい!」と思っても、残念ながら住宅ローンが組めないときもあります。

例えば

・転職をしたばかり

・ほかに車のローンなどがあるとき

・自己資金がまったくないとき

・奥様の子育て期間のために一時的に収入が減るとき

・病気をしたとき

 

・奥様の子育て期間のために一時的に収入が減るとき

ずっと共働きで返済していくのか、それとも、子育て期間はご主人の収入だけになるのか。

共働きの間の収入を基準に希望して物件価格を考えていると、希望のローン額が借りられないこともあります。購入時期を考えるときはライフプランもかんがえましょう。

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

家がほしいと思い立ったら。(その3)


こんにちわ。

北海道の家をご紹介している住宅バーチャル展示場の「ままハウス」です。

 

「今すぐに家がほしい!」と思っても、残念ながら住宅ローンが組めないときもあります。

例えば

・転職をしたばかり

・ほかに車のローンなどがあるとき

・自己資金がまったくないとき

・奥様の子育て期間のために一時的に収入が減るとき

・病気をしたとき

 

・自己資金がまったくないとき。

金融機関によっては、物件価格+諸経費の全額を融資するところもありますが、仮に全額ローンを組むことにしても、一般的には、請負契約時に「手付金(申込金)」を必要とします。

また、新居に引っ越す費用・新居の家財等を購入する費用も必要になってきます。

自己資金は多いにこしたことはありません。

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

家がほしいと思い立ったら。(その2)


こんにちわ。

北海道の住宅をご紹介している住宅バーチャル展示場の「ままハウス」です。

 

「今すぐに家がほしい!」と思っても、残念ながら住宅ローンが組めないときもあります。

例えば

・転職をしたばかり

・ほかに車のローンなどがあるとき

・頭金がまったくないとき

・奥様の子育て期間のために一時的に収入が減るとき

・病気をしたとき

 

・転職をしたばかりのときは、いくら予定年収が前職よりも高くなる予定であっても、金融機関によっては住宅ローンが通らないときがあります。もし、住宅ローンを組む予定があるときは、転職も時期を考えたほうがよいかもしれません(勤続3年以上が目安といわれています)

・ほかに車などのローンがある場合。こちらも住宅ローンの審査に関係があります。住宅ローンは年収から返済負担可能額(1年間に返済できる目安の金額)を求めます。この返済負担可能額は例えば年収400万円の人であれば返済負担率25%とすると年間100万円となります。(返済負担率は金融機関によって違います)すでに車のローンの支払いが月々5万円(年60万円)あるとするなら、住宅ローンは年40万円までの範囲となりますので、35年ローンでも借りられる1000万円前後になってしまいます。審査を受ける前に、可能であれば返済をしておくのも一考です。 いくら借りられるのか計算してみたい方は、ままハウス 購入金額シミュレーションをご利用ください。(計算結果はあくまでも概算です)

 

いざ、住宅ローンを借りよう!と思い立っても、残念ながら希望どおりの金額が借入できないことがあります。そうならないように、事前の計画と準備が大事。

ままハウスに出展の北海道のハウスメーカー・工務店では、資金計画のご相談やセミナーを開催しています。頼りになる北海道の工務店にまずはご相談ください。

 

 

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

家がほしいと思い立ったら。


こんにちわ。

北海道での注文住宅をご紹介している住宅バーチャル展示場の「ままハウス」です。

 

さて、家の「買い時」っていつなのでしょうか?

 地価が下がってきたから。

 金利が下がってきたから。

 ローン減税があるから。

 エコポイントがつくから。

だから「今が買い時!」

という宣伝文句に惑わされていませんか?

 

これらのことはあくまでも「キッカケ」であなたのホントの「買い時」とは少し違うかもしれません。

 

本当の「買い時」は「家がほしい」と思い立った、正にその時です。

「家がほしい」と思ったら、まずは行動に移すこと。

 

自分が理想としている家は、いったいどんな家なんだろう。

その家をつくるには、予算がどれぐらいかかるんだろう。

場所はどこがいいかなぁ。

間取りは?

将来の家族構成やライフプランも考えてみようかな。

家族それぞれの希望や夢をカタチにしていくことが大事です。

 

「家がほしい」と思い立ったら、まずままハウスでいろいろなおうちをみてみませんか?

札幌だけでなく、苫小牧・室蘭・登別・千歳・帯広・中標津などなどいろいろな地域の工務店・ハウスメーカーの実例を動画で見ることができます。→ ままハウス バーチャル展示場

 

 

 

 

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。