住まいの知識ブログ

住宅ローン金利 固定型→変動型へシフト傾向?


こんにちわ。北海道・岩手・秋田の住宅取得を応援する「ままハウス」です。

 


日経新聞2009年1月27日(経済2面)によると、

三菱東京UFJ、みずほ、三井住友、りそなの大手四行の昨年12月の新規実行額のうち、変動金利型の割合は、5割?9割程度に達したとのこと。

各行とも、2007年12月は3割?7割程度だったが、1年で大きく膨らんだようです。

 

固定金利を選ぶか、変動金利を選ぶか。

 

住宅ローン考えるとき、とても悩むところですね。

正直に言って、固定金利・変動金利のどちらが有利になるかは誰にもわかりません。どちらを選ぶかは、生活スタイルや将来設計また景気動向をみて判断するしかありません。


住宅ローンの支払額を確定させたい人・住宅ローンの返済をいれると家計ぎりぎりになりそうな人は、固定金利」を選ばれると、借入時点で、完済までの総額が確定しますので、将来設計を考えやすく、途中で返済金額が増えて家計を逼迫!ということも回避できます。


固定金利を選択するのは、「将来、金利が上昇した場合に住宅ローンの利息支払額が増える」リスクを回避するためですから、繰上返済を前提にしている人・住宅ローンの借入期間が短い人・住宅ローンの借り換えを想定している人には、「変動金利」がオススメです。

 

また、将来景気が良くなる傾向にあるとみるときは、「金利水準が上がる」→「住宅ローンの借り入れ金利が上がる」と考えられることから、今のうちに固定金利を選択して、住宅ローンの借り入れをしておけば、将来金利がどんなに上昇しようとも、金利上昇により支払額は変わりません。


逆に、将来景気が悪くなる傾向にあるとみるときは、住宅ローンの金利水準はその時々の一般的な金利水準に連動して決まりますので、変動金利住宅ローンを組むことで、低金利を享受することができると予測されます。


固定金利の金利水準は、現在の金利水準だけではなく、将来どこまで金利が上昇するか、という予想により決めていきます。当然変動型のほうが、金融機関にとっては金利変動リスクが低くなるため、固定型よりは低く設定されています。

 

変動金利を選ぶ人が増えてきているということ、当分、景気悪化に伴い金利の上昇はないものと考えて、目先の返済額を軽くしたいという人が増えている傾向にあるということかもしれませんね。

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金募集開始


こんにちわ。北海道・岩手・秋田の住宅取得を応援する「ままハウス」です。

本年もままハウスをよろしくお願いします。


さて、今年初の気になるニュースは、

経済産業省では石油代替エネルギーとして飛躍的な普及が望まれる住宅用太陽光発電システムの普及拡大を目的とし、システムの設置者に対して、有限責任中間法人太陽光発電協会を通じ補助金を交付することとなりました。

 一定の要件を満たす住宅太陽光発電システムの設備を設置する者に対して、定額の補助を実施されます。

募集期間  平成21年1月13日(火)から平成21年3月31日(火)
補助金額  対象システムを構成する太陽電池モジュールの公称最大出力 1kW
        当たり7万円
対象者    自ら居住する住宅にシステムを設置する個人で電灯契約をしてい
         る方

札幌では、1/23(金) 13:30から15:30まで 北海道北海道自治労会館にて、応募説明会も開催されます。
なお参加には太陽光発電普及拡大センターのホームページからの事前登録が必要です。

詳しくは、経済産業省のホームページをごらんください。


エコなエネルギーとして太陽光発電に興味はあるけど、初期投資が高いと思ってる方はぜひ、工務店さんにもご相談くださいね。


このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。