住まいの知識ブログ

寒くなった今こそ完成見学会に行ってみませんか?


こんにちは。ままハウスです。

すっかり寒くなってきましたねー。

11月.12月は完成見学会に出かけてみませんか?

ちょうど今の時期は年内入居予定のおうちがどんどん出来上がってくるころ。

工事も急ピッチで進んでますが、見学会も目白押しです。

この時期の見学会では、おうちの暖房についてじゃんじゃん質問しちゃいましょう。

床暖房などの体感するにはもってこいのチャンスです。


各社のイベント情報は、ままハウスをチェック!

北海道版はこちらから
       ↓
http://mamahouse.jp/hokkaido/main/event/

秋田県版はこちらから
       ↓
http://mamahouse.jp/akita/main/event/


岩手県版はこちらから
       ↓
http://mamahouse.jp/iwate/main/event/

★このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。
           人気blogランキングです。ありがとうございます。

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

C値とは?住まいづくりの用語集?


C値とは、「相当隙間面積」のことで、床面積1?あたりにつき、どれくらいの隙間があるかを

さし、ゼロに近いほどすき間が少なく、気密性能が高いことなります。


測定方法は、気密測定用の大きなファン(送風機)で建物内の空気を外に出します。

大きな隙間が空いていると、ファンで外に出したのと同じ分だけの空気が室内に流れ

込んでくるので、室内の気圧に大きな変化はありません。

小さな隙間しか空いていない場合は、外に出した空気と同じ分だけ空気が入れない

ため室内側の気圧が低くなります。

この関係を利用して、「外に出した空気の量」「室内と外気との気圧差」を測ることで

「隙間の面積」を計算をします。

住宅で隙間ができやすい部分は、天井の照明、壁の突合せ、天井と壁の継ぎ目、床と壁の

継ぎ目、コンセントスイッチ周辺、配管まわり、サッシまわりなどです。


気密性が低い住宅は、家中の空気と外気が入れかわっていますので、暖めても冷やしても

エネルギーロスが多くなってしまいます。

また、床下から湿気を含んだ空気が壁の内部に入ったり、室内の水蒸気が壁に入ったり

すると、内部結露の原因となります。


次世代省エネルギー基準では、それぞれの地域での基準値が定められてます。


地域区分  ?・?       2.0

      その他の地域    5.0

(お住まいの地域区分はこちらから)

?バーチャル展示場のままハウス?

★このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。
           
人気blogランキングです。ありがとうございます。

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

住宅ローン最新情報(岩手県版) 18年11月7日現在


住宅ローン最新情報(岩手県版) 18年11月7日現在


1)住宅金融公庫 

 基準金利  3.770%

2)岩手県内各行住宅ローン金利
岩手銀行

2年固定 

3年固定 

5年固定  

7年固定  

10年固定  

変動  


東北銀行

1年固定  

3年固定 

5年固定 

10年固定  

変動    

フラット35

秋田銀行     

北都銀行

東北労働金庫


?バーチャル住宅展示場の「ままハウス」で家づくり?

★このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。
           人気blogランキングです。ありがとうございます。

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。