住まいの知識ブログ

快適な暮らし―――収納の基本?


今回の快適な暮らし―― 収納の基本?は「布(洋服)」の整理です。


洋服の収納は、理想では家族一人ひとりにロッカールームのようなスペースが与えられ、各自の収納場所も決まると、片付け上手になるはずです。

余裕があれば、それぞれの収納扉裏に鏡などを付けられると、朝の身支度に便利なこと
このうえなしです。

また、将来子供が大きくなったら、間取りを変更できるような
可動式収納など、ライフスタイルに合わせて変更
できるようなプランもいいですね。

そんなふうに色々考えて、家を建てたら収納たっぷり、服の整理が楽々・・・になるはずなのに、そうはならないのが不思議なところ。

服は入れる場所に合わせて増えてしまうので、プランの工夫と片付けの合わせ技が必要です。

それでは、新しい家のプランを考える前に、
現在の住まいでの収納について、今一度
見直してみてください。

日常生活の中で「良く使うもの」、「めったに使わないもの」「いらないもの」を整理するのです。

数えるほどしか袖を通していないドレス、衝動買いしたけれども結局出番の少ない服、
やせていた頃の服(涙)・・・などなかなか思い切って処分できないものです。


そこで、クローゼットでよく着る服は常に左側に掛ける、または目の高さまでの位置に常に収納する。

⇒結果、着ない服は、自動的に右側や上部へ集まってきますので、
 不要なものが自然とわかります。

⇒でも、不要な服とはいえ高価だったり、未練のあるものだった
 りってことも多いはず。

 そんな時は、リサイクルショップ、フリーマーケットなどで売る、
 バザーなどに出す、また手先が器用であれば、自身で形を変えて
 子供服にする、クッションを作るなどリサイクルの方法もあります。

 3R(リユース、リデュース、リサイクル)を実践して、
 今話題のロハス的な生活をしてみるのもいいのではないでしょうか。

  それがすんだら、みなさんの夢をかたちにしてくれる
  プロのプランナー、会社に色々と相談しましょう。
   (⇒ままビルダー一覧)


  そして、色々な参考事例をモデルハウスやショウルームで
  見ることもポイントです。
  この際に「自分の家だったらこうする?」などと、想像しながら
  見て回るとイメージもさらに膨らみますね。
  メジャーとペンを持参することもお忘れなく。
   (⇒イベント一覧)


★このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。
            人気blogランキングです。ありがとうございます。

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

何を大切にしているか?コンサルの視点?


経営コンサルタントが教える良いビルダー選びの4回目です。

さて、今回はその企業が何を本当に重視しているかを考えてみましょう。

多くの企業のチラシやWEBサイトをみると、
「顧客満足」とか
「アフターサービスの充実」とか
「お客様の生活に合わせた自由設計」とか

とにかく、「お客様の満足のために!」を
前面に打ち出している企業が多いものです。

「顧客満足重視」 ・・・それ自体は、確かに結構なことなのですが
問題は、実態が伴っているか否かです。


「顧客満足」と謳っておきながら
契約するまでは、何でも親切に教えてくれた営業マンが、契約後は
パッタリ来なくなって、その後は無愛想な大工さんだけになり、
細かな要望も伝えらなくて・・・。


「アフターサービスの充実」と謳っておきながら
営業マンに電話をすると、誰かしら直ぐに対応してくれる会社が、
建具の不具合の電話をすると、「担当者が多忙」とかで何週間も待たされたり・・・。


「お客様の生活に合わせた自由設計」と謳っておきながら
私の生活スタイルや趣向について、全くきかずに決まったプランを
押し売りしてくる担当者・・・。


・・・そんな話を耳にしたことありませんか?


さて、そんな表面だけの顧客満足を謳っている会社を見分けるには
どうしたらよいでしょうか?


それは、営業マンに「住宅の資産価値」について、どのような考え方を
持っているのか、訊いてみることです。


・・・なぜ?


住宅を「資産」ではなく、売って引き渡すだけの「モノ」と考えると、
顧客満足やアフターサービスなどとは無縁になります。

売るための「顧客満足」は宣伝しますが、売れてしまえば
関係のないことだからです。


しかし、住宅をお客様の「資産」だと考えると、
資産価値を維持し高めるためには、年数に応じた修繕や
施工品質、価値ある間取りなどの提案が必要になってきます。

建てた後の事も重要だと考えると、行動が違ってくるものです。


資産価値を高めて、何十年先もお客様に満足してもらいたいという会社と
売るための方便で、「今の」顧客満足を謳う会社とは決定的な差があります。

建てた後の事を、どれだけ営業マンが真剣に考えてくれているかを
確かめる事で、企業の姿勢がわかるものです。

ちょっとした質問に対する受け答えから企業の本音を感じてください。
そして信頼できる企業を選びましょう。

信頼できるビルダー選びは、こちらから。


★このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。
            人気blogランキングです。ありがとうございます。


-----------------------------------------------------------------

※住宅ビルダーの方へ

日本の住宅の資産価値を高めることは、実際には非常に難しい問題です。

現状、お客様の一生に一度の買い物である住宅は、引き渡した瞬間から、
価値が減少していき、ローンの返済に追われる負債です。

住宅の資産価値向上は、中古住宅市場や金融、街並みの問題も絡み、
1社だけでは解決できない難しい問題です。だからこそ、そこに真剣に
取り組む企業が徐々に注目を集めてきているのでしょう。

多くの企業が、住宅の資産価値について考えるようになって欲しいものです。

もう一歩、成長したい社長・幹部のための無料メルマガ⇒「社長の朝礼ネタ」


?住宅・バーチャル展示場の「ままハウス」で家探し?

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

成功する家づくり?映画「みんなのいえ」から学ぶ?


先日、三谷幸喜氏の監督&脚本である「みんなのいえ」という映画を見る機会がありました。

この物語は、人気脚本家の飯島夫妻(田中直樹&八木亜希子)が、新居を建てることになるの
ですが、和室にこだわる妻の父親である棟梁(田中邦衛)と、モダンな家にしたい大学の後輩
であるインテリアデザイナーの柳沢(唐沢寿明)は、ことごとく対立。
夫妻はオロオロしてしまう…。 というもの。

これは監督、三谷氏の実際を脚色して映画にしたものだそうです。

ホームコメディとして大変楽しめる作品です。
ご覧になられた方も多いのではないでしょうか?


さて、この映画から、家をこれから建てる私たちとして何が学べるでしょうか?
様々な見方があるかと思いますが、4点ほど挙げてみました。
映画を見た方も見ていない方も是非参考にしてみてください。

◆どんな生活がしたいのか?なぜこのプランにしたいのかを明確にすること

映画の中では、、、

昔気質の棟梁である父親は、「和室」にこだわります。ですが、このご夫婦はどうしても
断ることが出来ません。
「ここは親孝行だと思って、、、、。」なんていうセリフもあり、自分たちの意思をきちんと
伝えることも出来ません。
結果、当初のプランやイメージと大きく違う、大変立派な、そして大きな和室が出来上がって
しまいました。

ここから学ぶこと、、、

和室が不要なのではありません。また、親孝行も必要ですが、、、(苦笑)
以前、このブログ(カテゴリ→「成功する家づくり」過去記事参照)でもお知らせしましたが
「大事にしたいこと」を明確にして、先々を見越したイメージと実際の生活環境を踏まえた
プラン作りをきちんと行いましょう。


◆作り手側の思いに流されない

映画の中では、、、、

インテリアコーディネーター(柳沢)や棟梁の数々の提案に一喜一憂、おろおろする夫婦。
「ここは柳沢君に任せて、、、。」というような優柔不断な進め方。
一方、柳沢は「これからの時代は!、、、、。」というような一方的なデザインを押し通す。

ここから学ぶこと、、、

実際にものづくりを行う設計者やビルダーとしては、「自分たちの作品」という思いが強く
なってしまうことがあります。
一方的な提案についてはきちんと「ノー」を言う勇気と根拠を明確にしましょう。
また、上記にもありましたが、「プラン作り」を意思を持って楽しく取り組みましょう。


◆思いを形に出来る設計者の存在

映画の中では、、、

インテリアコーディネーター(設計者)と棟梁(施工者)の意思統一が図れず、結果、当初の
デザインと大きく違う家に、、、。

ここから学ぶこと、、、

施工者との調整はもちろんのこと、施主の思いを形に出来、そして使い勝手の部分まできちん
とアドバイスをもらえることがとても大切です。

実際に建ててみて「あ、キッチンもう少し広ければよかった、、、。」なんてことも往々にして
あるものです。見かけの数値ではなく、実際の生活観を持った設計者と進めることがポイント
です。


◆家を建てるという熱い思いに賛同してくれること

映画の中では、、、

インテリアコーディネーターも棟梁も、家づくりに対しての強い思いがあることを理解し合え、
結果、成功裏に終わる。
その過程をこの夫婦も感じ、満足する。

ここから学ぶこと、、、

私たちの家を建てることをビジネスとしてだけではなく、「思い」を感じてくれる、思い入れを
持ってくれるビルダーと一緒に作っていきたいですね。

この映画をみてみたい方は⇒みんなのいえ(DVD)


思い入れを持ってくれるビルダーと会おうイベント情報

思い入れを持ってくれるビルダーを選ぼうビルダー一覧


★このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。
            人気blogランキングです。ありがとうございます。

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

快適な暮らし――― 収納の基本?


家に住まう、家を建てるうえで、間取りや空間のプランを考える時、
忘れてはならないのが、収納スペースだと思います。

リビング、ベッドルームなどに、納戸とは別に壁面収納を設置するなど
希望についてのプランニングは、じっくり・ゆっくり見積もりも含めて
プロに相談したいものです。ままハウスビルダー一覧

各々の担当者、会社によって、多種多様な素人の想像を超えた発想に
驚くこと、納得することも多いかもしれません。

シンプルなデザイン家具はカンディ・ハウスがおすすめ


ここでは、日常の生活の中で、ちょっとしたアイデアを習慣にするだけで、
すっきり片付く「収納」アイデアをお話します。

第1弾は、「紙」の整理。

○子供の教科書、お絵かき、思い出の旅行ガイドなど家族の大切な思い出の品は
 なかなか捨てられないはず。
 そこでそれらを⇒デジカメで保存⇒パソコンに記憶⇒必要な分、時だけプリントして
 飾る、贈るなど・・・⇒思い切って、す・て・る。

○新聞・雑誌は読んだ先から、その日に切り抜きポイントページのみ残し、古新聞用
 BOXへ
 
○山積みされやすい郵便物は、すぐ開封し急ぎで処理するものはする、不要のものは
 捨てる。

 基本的にまめにすぐ動くことが基本で、そうすると当然、何事も無く
 片付くのですが、・・・それがなかなかできないものです。
 といっても、放置は禁物。

 そこで、一時預かりBOXを作り(何でもいいのです。ダンボールでも・・・
 ただし、個数を2個とかに決めること)そこにその場で処理できないもの は入れる。⇒ 例えば週末まで保存。⇒ 土曜・日曜など時間にゆとり があるときにまとめて整理します。

この際、注意したいのがDM宛名、カード会社の明細書などの個人情報は
シュレッダーなど細かく切って捨てることです。
シュレッダーゴミも紙の資源ごみとしてリサイクルできますし、地球に優しい
生活もこの際、真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

★このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。
            人気blogランキングです。ありがとうございます。

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

どのくらいの家を建てられるの?


さて前回、情報の洪水に流されてくださいと書いた検討期ですが

皆様十二分に洪水に流されましたか?

イベント情報が続々、増えてますから、ぜひ足を運んでくださいね。

さて、検討期でもう一つ大事な事は「お金」のことです。

どんなに素敵なデザインの家を考えても、お金がないと建てられないのが現実です。
※購入ステップを早く知りたい方は、こちらの購入ノウハウ

そんな、検討段階から「お金」の話なんて、夢がないと言われるかも

知れませんが、自分の支払い能力以上の家を建ててしまって

ローン返済で日々の生活が苦しい方が、よっぽど夢がないと思いませんか?
この検討期だからこそ、自分達が毎月支払える予算について

きっちりとした考え方を固めておく必要があるのです。

プランニングを始めてから、お金がなくて色んな設備を諦めるのも嫌なものです。

自分達の予算を明確にしてから検討していく方が

夢のあるプランニングができますよ。

まずは、月々支払える予算から、購入金額のシミュレーションをしてみましょう。

意外な結果にびっくり!するかも知れませんよ(笑)

何度も申し上げるようですが、

家づくりの目的は「家を建てること」ではないハズです。

その新しい家で、家族と楽しく過ごすことが目的ですよね。

無理をせず楽しい家づくりをしましょう。


「お金で計れない価値がある。計れるものは『ままハウス』で。」
 ・・・ん?パクリきれていない感じが。


★このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。
            人気blogランキングです。ありがとうございます。


 ?住宅・バーチャル展示場の「ままハウス」で家探し?

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

古き良きアメリカを訪ねて?景観の大切さ?


アメリカの現在の住宅事情については、以前取り上げましたが、
今回は「景観」についてお話したいと思います。

オーランドの郊外に車を走らせ、古くからある街並みを散策してきました。

そこには、映画で見るところの「古き良きアメリカ」が実在してました!

「おー!これこれ!」といった感じです。


その一帯はきちんと環境保護がされ、敷地内の芝刈り等もきちんと行わないと罰金を
払わなくてはならないとか。
また、車の取り締まりも厳しくスピードは出せません。治安も安定しているようです。


景観や治安に厳しいところは街の開発にも現れており、
開発区域内に大きなショッピングセンターを誘致しようとしても、
治安上の不安から地元住民の反対にあうため、車で移動しなければならないほど遠くに、
あえて建設をしているケースが多いとの現地談。


住宅を建てるときは、その土地の景観や地域の治安も重要な要素ですね。
また、
「住宅の外観デザインはもちろん、外講やガーデニングも住宅プランの中にきちんと
組み込んでトータルにプラン、デザイン」

してみることが大切です。

くれぐれも住宅を建てた後、
「あっ!ガーデニングの予算が、、、。」
ということの無いように(笑)


イベントに足を運んで、ガーデニングも合わせて相談してみよう→イベント情報

良い土地を選ぶなら→不動産情報


★このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。
            人気blogランキングです。ありがとうございます。

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

安くて納得のいく家


検討期は、情報の波に流されてください。と言いましたが

情報を集めに、週末はイベント会場に出かけましたか?


情報収集は、ネットは勿論、雑誌や現場見学会や知人など

いろんなところから集めることが出来ますよね。

普段から意識しているといろんな情報が見えてきますよ。

さて、本日はオススメ本の紹介です。


「安くて納得のいく家を建てたい」
 ?アキュラホーム 代表取締役 宮沢 俊哉 著

あなたは「アキュラシステム」を、ご存知ですか?

最近、情報収集を始めた人には「ジャーブネット(JAHBnet)」

という言葉の方が、ピンとくるでしょうか。

 ※アキュラネットは2005年9月にジャーブネットに名称変更。


アキュラシステムとは、?アキュラホーム代表取締役の宮沢俊哉氏により

開発された住宅建築のコストダウンシステムです。

地元ビルダーの中には、

ジャーブネット(アキュラシステム導入企業のネットワーク)に

加盟しているところも多く、各社がノウハウを蓄積しながら

コストダウンを図っています。「ままハウス・ビルダー一覧」


そのアキュラシステム開発者の宮沢氏による著作が

「安くて納得のいく家を建てたい」です。

本の内容はタイトル通り、プランや機能は「納得のいく家」でありながら

無駄を省くことによって、できるだけ「安い」コストで一戸建てを建てたい

というお客様のニーズを満たすためにアキュラホームがどのように

取り組んできたのかということです。

家づくりに悩む方のために、家づくりの考え方から具体的な進め方まで、

わかりやすくまとめられています。

オススメする方
・家づくりの流れを一から知りたい方
・住宅のコストって、何でこんなに違うの?という疑問をお持ちの方
・家づくりに「合理的な安さ」を求める方

まず読んでみて下さい。いろいろな発見ができますよ。


オススメしない方
・家づくりの情報を十分豊富に持っている方
・絶対にハウスメーカーで建てるという方
・お金が有り余っている方


勿論、企業経営者が書く本ですから、会社の宣伝もあり、自社工法の良さを

強調しすぎと言えなくもないですが、それは愛嬌ということで(笑)

「家づくり」をある一面からみた真実を語っているのは確かですから、

これから建てる方は、一読してみることをオススメですよ!

 ↓こちらから、どうぞ。
「安くて納得のいく家を建てたい」

?アキュラホーム 代表取締役 宮沢 俊哉 著


★このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。
            人気blogランキングです。ありがとうございます。


  ?住宅・バーチャル展示場の「ままハウス」で家探し?

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

ライフプランを考えるということは・・・


さて、前回は計画期が非常に重要だという話をしましたが

ライフプランを考えるのは、結構大変との意見もいただきました。


ライフプランを考えるということは、

自分達家族の将来を考えることでもあり

更には自分の半生を振り返ることにも、つながっていきます。


世帯の生涯年収はいくらで・・・

この仕事をし続けていていいのだろうか・・・

子供を立派に育てていけるだろうか・・・

この旦那でよかったんだろうか・・・

あの時、あの彼と別れてなければ・・・

    
   ・・・おっと、笑えないですね(失礼)


・・・家づくりは楽しいことですから、前向きに明るく考えましょう!

将来のことを考えていく途中で、皆さんも気が付くはずです。

大事にするべきは、「立派な家を建てる」ことではなく

その新しい住まいで、どんな家族と、どんな楽しい時間を過ごすかです。


めいっぱいにローンを組んで

その返済のために、毎月の生活が苦しいのでは、本末転倒です。


右脳で明るく楽しく夢を膨らませながら

左脳でゆとりある返済計画を立てましょう。


「ままハウス」にライフプランを立てる際に

よき相談相手になってくれるファイナンシャルプランナーとの

上手な付き合い方が、新しく掲載されましたので、

ぜひ、参考にしてみてください。⇒FPに相談してみよう!


何よりもあなたの家族だけの家づくりです。

家づくりの過程も、建てた後も楽しく過ごせるように!

★このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。
            人気blogランキングです。ありがとうございます。

 ?住宅・バーチャル展示場の「ままハウス」?

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。

家づくりのステップ?計画期?


だんだんと暖かさが増してきている今日このごろ、皆様
充実した展示場巡りをしてますでしょうか?

巷には、たくさんの情報がありますが、惑わされる事なく、
自分達の家づくりを楽しみましょう!

さて、前回は、家づくりのステップを6段階に分けて説明しましたが
今回はSTEP1の計画期について詳しくお話していきます。


計画期で一番大事なことは、「そもそも」を考える事です。

「そもそも、なぜ家を建てようと思ったのか?」

「そもそも、なぜ今なのか?」

「そもそも、なんで?」


この原点をしっかりと家族で確認しておくことが大事なんです。

家づくりは、あなたにとっても一大イベントであるだけでなく、
家族全員にとっても一大イベントです。

いくら家族といえども、それぞれ持っている意見は違うものです。
後からモメないためにも、早い段階で共通の考えを持っておきましょう。

さて、あなたは…

「なぜ今、家を建てるのですか?」

…子供が大きくなってきたから?

…家賃を払うのがムダと感じるから?

…お金が余っているから(笑)?


人それぞれ、家を建てようとする理由はあると思います。

大事なことは、それを明確にしておくことです。

なんとなく…で家を建てようとすると大変です。

ローンを完済する35年後のことを考えたことはありますか?

立派なモデルハウスや営業トークを聞いているうちに、
家を建てる「そもそも」の理由を見失ってしまいます。

自分達の家づくりの軸をしっかりと決めましょう!

自分達の家づくりを考えるプロセスは、自分達家族の将来を

考えるプロセスでもあります。

まずは「ライフプラン・シミュレーション」で自分の将来と

夢の家づくりをシミュレーションしてみましょう。

成功する家づくりは、プランづくりから。


★このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。
            人気blogランキングです。ありがとうございます。


?住宅・バーチャル展示場の「ままハウス」で家探し?

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。