住まいの知識ブログ

家を建てる前に社長に会おう?コンサルの視点?


突然ですが「ままハウス」の運営会社は、経営コンサルティング・ファームです。

なぜ、コンサルタントが「ままハウス」を?という疑問は、運営会社案内にて、
ご確認いただくとして・・・。

住宅ビルダーや工務店を数多く見てきた
経営コンサルタントの視点から、良いビルダー選びのコツを
お知らせしようと、「コンサルの視点」としてシリーズ化しようと思ってます。

どこのビルダーに頼もうか迷っている人には、参考になる情報を提供します。
住宅ビルダーには少し耳の痛い話もあるかも知れませんが・・・。


そんな第1回目は、「家を建てる前に社長に会おう」です。では、どうぞ。

-----------------------------------------------------------------------------------

さて突然ですが、地元ビルダーの良さは何でしょうか?


それは、社長までの距離が近いことです。


大手ハウスメーカーであれば、施主が社長に会うことは、まずないでしょう。
企業を代表する人と会えるということは、非常に重要です。
なぜなら、社長は企業の最終決定者であり、会社の社風を形作っている人だからです。

契約前には、手抜き工事は大丈夫か、アフターサービスはどうか、など数多くの
心配があるでしょう。そんな時は、社長に会わせてもらうことです。
いくら営業マンが、良いことを言っていても、最終的な判断は社長にあります。

社長と話をしてみて、自分には合う人か合わない人か判断しましょう。
家を建てるということは長いお付き合いになります。
人付き合いと一緒で、感性の合わない人とは良い関係は続かないものです。

「この社長なら」と任せられる人に依頼するのが一番ですよ。真剣に家づくりに
取り組んでいる社長からは、必ず"何か"を感じるはずです。

私も多くの社長に会うと、住宅にかける想いが各人違うことに気づきます。
いや?ホントに、いろんな社長がおりますよ(笑)
社長に会ったならば「なぜ住宅事業をしているのですか?」と訊いてみましょう。
どんな答えが返ってくるでしょうか。

住まいにかける熱い想いを持っている社長もいれば、たまたま親から会社を
引き継いだだけという社長もいます。

良い企業には、良い経営理念があるものです。
難しい言葉ではなく、社長自身の言葉で熱く「住まい」について語ってもらえたら
どれだけ安心するでしょうか

なお、「社長に会わせて」という要求を叶えてくれない企業があれば、それも問題です。
よほど大きな企業でなければ何とか会える筈です。
大手では住宅事業部を統括する役員に会わせてもらいましょう。

勿論、社長も役員も多忙なのでスケジュールを合わせることは難しいですが、
あなたは、家という一生の買い物を決断するのです。もし、ローンが払えなければ・・・と考えると重要な決断です。
その決断の重さを理解して、快くあなたとの時間を用意してくれる社長や
役員のいる企業とお付き合いしたいものです。

良い家づくりをするには、まず、良い社長選びからですね。


★記事が役に立ったという方は、ぜひ↓クリックをお願いします。
                    人気blogランキングです


-----------------------------------------------------------------------------------

※住宅ビルダーの社長さんへ

これから建てようとするお客様には積極的に会うようにしましょう。
会社の未来は業界の集まりや建材市ではなく、顧客の中にあります。
顧客の声を直に受けるチャンスを自ら放棄してはなりません。

このブログが少しは役に立ったという方は、ぜひ↓クリック↓をお願いします

このブログが役に立った方はクリックをお願いします【ままハウス】 人気blogランキングです。ありがとうございます。